ポルノをやめる- ゲーリー・ウィルソン『インターネットポルノ中毒』読了

 ゲーリー・ウィルソン『インターネットポルノ中毒』を読了した。
 この本を読むとポルノをやめたくなる。そんな本である。


 この本の内容をかいつまんで言うなら、ポルノ利用によってEDになったり、メンタルが悪化したり、現実のパートナーとの性的な交わりについて意欲が減退したりするという話なのだ。だから、ポルノ利用をやめてみたらどうか、という話を展開していく。そして、ポルノ利用からの回復者たちの劇的な回復の話が続く。
 わたし自身、ポルノ利用について振り返ってみると、たしかにポルノによってメンタルが悪化していたような気がするし、頭がぼーっとする感じも実感としてある。無気力になるというか、気持ちがよどんでくるのである。わたしの場合、ネットポルノなどをせずに、読書、散歩、筋トレ、執筆、料理、楽しい会話などをしている時の方が断然調子がいいのである。決まって調子が悪くなってベッドに寝込む時というのは、その前に長時間ネットをやっていたり、特にネットポルノを視聴したりしていた時なのである。わたしが調子が悪くなる時というのは大抵このパターンなのである。だから、これらの原因と思われる行動を取り除くことは理にかなっている。もっともな行動だと言える。
 この本でポルノの脳科学が説明されていたものの難解で、脳の仕組みすら覚束無いわたしには理解することができなかった。その点については、脳科学を勉強して再読に臨みたいと思う次第である。
 でも、そのポルノの脳への影響について脳科学的に迫ることもいいけれど、何よりも重要なのは、自分が実際にポルノを利用することによって本当に益を受けているかどうかと考えることではないだろうか。自分をいわば人体実験的にとらえて、どんな影響がポルノによってもたらされているのか、つぶさに自分自身を観察していくのである。そういうわけで、ポルノの影響を検証するために、ポルノを数週間ほどやめてみることを著者は奨めているのである。
 もしかしたら著者の主張はポルノをやめる方向へと傾きすぎているのかもしれない。「ポルノくらい見てもいいんじゃない?」となだめる人もいることだろう。
 でも、少なくともわたしは明らかにポルノを見ることによって害を被っていた。明らかにメンタル不調はポルノのせいだと思うし、ポルノから離れてまだ数日だが、とにかく調子がいいのだ。あの頃の好き放題裸体を見ることができたけれども調子が悪かった日々に戻りたくないのだ。
 賛否両論分かれるだろうが、少なくともわたしにはポルノ鑑賞は向いていないようだ。どうしてもポルノを見るとメンタルが低下して、頭が鈍くなる。わたしに合っていないというか、わたしの場合向いていないのだ。だからやめているし、引き続きやめたいし、将来もやめる方向でやっていけたらと思っているのである。
 平和で穏やかな日々を送りたいと思っているからわたしはポルノをやめたい。そして、キラキラ輝く生気にあふれた幸福な人生を送っていきたい。
 ただ、完全な禁欲生活を送ろうというのではない。適度に性欲は発散させる必要があると思うので、ポルノやポルノ妄想なしで純粋に物理的刺激のみで処理できたらと思っている。
 わたしが今までやめようと思ってもやめられずに来たもの、それがポルノなのである。でも、この本を伴走者にすればやめられそうな気がする。それだけこの本がわたしに与えた影響は大きい。気持ちが揺らいだらまたこの本へと戻ってやり直す。そして、また再出発。それでいいんじゃないかと思う。
 人生はポルノよりも素晴らしいもので溢れている。だから、ポルノではなく、それを享受するのである。逆にこれだけ豊かなものがあるのにポルノにしがみついているなんて、時間もお金も労力ももったいない。今までのわたしがポルノに割いていたそれらのエネルギーを別の有意義な活動に使っていけたら最高だ。
 わたしはもうすでに新しい歩みを始めている。後は続けるだけ。確実に、確実に続けていくだけ。明るい未来が見えてきたような気がする。


ブログ村のランキングに参加しています。クリックで投票お願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

自己紹介