2024-07

いろいろエッセイ

結婚かぁ

以前、ネットで読んだ結婚相談所の人の話は本当にひどくて侮辱されたような感じさえした。その人によれば、結婚相手として選ばれるためには定職に就いているのがまず大前提で、40代ともなれば肉体的に衰えてきているから経済的に余裕がなければダメとのこと...
いろいろエッセイ

もしも精神疾患がなかったら

もしも精神疾患がこの世になかったら、とふと思う。その世界は素晴らしいものなのだろうか。それとも地獄のようなものなのか。 想像することしかできないけれど、もっとドライな世の中になっていたんじゃないかと思う。思い煩いのない、思い悩まない世界にな...
いろいろエッセイ

日々をていねいにしっかりと

少し前にわたしはSNSをすべてやめた。名残惜しい気もしたけれど、自分には必要ないなって思って。 ネットを見ているといろいろな情報が入ってくる。飛び込んでくると言ったほうが正しいだろうか。それがさらに顕著になったのがテレビで、あれは完全に受け...
いろいろエッセイ

SNSは上澄みだから気にしないで

ある人がこんなことを言っていた。SNSは日々の出来事の中の最も輝いている上澄みだ。だから、自分の平凡な日常がそれらと比べて見劣りするのは当たり前なんだ、と。 たしかにその通りでSNSにはいいことしか書かないし、キラキラしている写真しか載せな...
いろいろエッセイ

平凡も非凡もそれだけのこと

ある有名人が自分と一緒にお寿司を食べる権利を100万円くらいで売っているらしい。また、昔、テレビ番組の企画として某有名アイドルグループが一人のファンのためだけに一曲を150万円くらいで歌ったりもしていた(もちろんそのファンの人が支払う)。 ...
いろいろエッセイ

ヨガがじんわりと効いてきた

何か最近、人からほめられてもあんまり嬉しいと思わなくなってきた。嬉しいことは嬉しいのだけれど、自分の表面をつーっと滑っていくような感じで、心の奥底までガツンと来ない。「やりたいからやってますけど、何か?」みたいに距離を置いている感じ。 昔の...
いろいろエッセイ

おじさん

最近、わたしは料理教室へも通い始めた。とは言っても、○○クッキングスタジオのような教室ではなくて、公民館でやっている教室。一般の教室よりも安くて費用も5分の1くらいと良心的だ。 その教室は男性限定で、時間も平日の午前中だからわたし以外の人は...
キリスト教エッセイ

腐ってもクリスチャン

わたしとはおそらく縁がない存在。それは金のかかる女。何か端的に書きすぎて、誰かを呼び捨てにしている感じに近い。失礼だったら謝る。ごめん? そんな女性はわたしには近付いてこない。それだったら、もっとお金のありそうな男へと接近するはずだ。 とに...
いろいろエッセイ

石をながめながら

わたしの机の上には一個の石がある。今日、ヨガの帰りに海で拾ってきたんだ。 石を見ていると、何だかこの世の喧噪から別世界へと解き放たれるようだ。 石の周囲に静かな静かなエネルギーが漂っている。エネルギーというよりも空気が。 わたしはブログの記...
いろいろエッセイ

生涯賃金がどうこうではなくて

あなたの生涯賃金はいくらですか? 2億円? 3億円? いやいや、もっと? 一般的なサラリーマンが死ぬまでの間に稼ぐお金は2億円くらいだと言われている。もっと稼ぐ人であれば、3億円とかそれ以上。 で、それができなかった場合にはどうなるのかと言...
PAGE TOP