「いいね」の自給自足

 Twitterをやっていて自分のツイートに「いいね」を押してもらえると嬉しい。何というか、それを見た瞬間、わたしの頭の中ではドーパミンが増えたのだろう。ドーパミン放出ぅぅ。
 そもそも、人間は快感を、快感までいかなくても心地よさを求めるんじゃないかと思う。ありとあらゆる人が心地よさを求めて、日夜いろいろな活動をしている。総理大臣だって、多分あれをやっているのが心地いいのだろう。心地よかったり、幸せだったり、居心地がいいのだろう。でなかったら、やめるはずだし、そもそもその役職につこうなんて思わないはずだ。
 この世界は無数の「いいね」でできていると言っても過言ではないとわたしは思う。自分が何かをやる。そして、それに対して反応が起こる。で、嬉しくなったり、達成感が得られたりして、脳内のドーパミンが放出される。言うならば、みんな快という報酬を求めて日夜励んでいるわけだ。
 Twitterを眺めていると、みんな承認されることを求めている。言うまでもなく、「いいね」をたくさん押してもらうことを期待していて、それに依存さえしている人も時折見かけられる。それがいいとか、悪いとか言うつもりはない。けれど、その他者からの評価に依存する生き方というものに最近わたしは疑問を感じ始めているのだ。
 だったら何で星さんはブログをやっているの? 何でTwitterをやっているの? 何でそれらをやめないの? といった単刀直入な質問が向けられてくるだろう。何でかね。やっぱり、認められたいっていうのがあるんだろうね、としか言えないし答えられない。そして、誰かに必要とされたい、誰かの役に立ちたいっていう気持ちもあるんだろうと思う。
 逆に誰からも評価してもらえなくてもいいと割り切るのであれば、文章なんてそもそも書かないのかもしれないし、書く必要だってないのかもしれない。備忘録的に日記とか書いて、さて一生が終わりました、みたいな感じになる。
 評価。評価って必要なものなのかな? わたしが何かをやる。何かをする。そして、それをいいとか、悪いとかジャッジしてもらう。評価してもらう。それって、その営みって果たして必要なのかな? それが要らないってことになれば、無人島でただ一人、誰からの評価も受けずにただただ生きるというシンプルライフになる。
 評価を手放す。そんな仙人とか聖者のようなことができるのか。
 いつの時代も人々はお互いに承認し合って生きてきた。認め合って励まし合って生きてきた。でも、そうではなくて、評価を手放す。他者からの評価に依存せず、自分自身をも評価しない。
 ここまで書いてきて、いかに自分が評価されることが当たり前の世界で生きてきたか、ということに気が付いた。評価は幼稚園のころから始まったような気がする。複雑な迷路を書ける男の子がいたんだけど、その子はみんなの人気者だった。その迷路が書けるというのをすごいとか評価されていた。そして、小学校。本格的に評価がついて回るようになる。テスト、そして、学期末に渡される成績表。それらはみんな評価だ。いいとか悪いとか、優れているとか劣っているとかの評価だ。こんな調子で大きくなってくれば、評価に依存した評価にズブズブの人間が出来上がってもおかしくないじゃないか。何かをすれば、評価されるのが当たり前で、その評価に一喜一憂する。そして、いい評価が得られないと途端に気持ちが落ち込んでしまう。
 これって自分の気持ちのスイッチを他者に委ねてしまっている。他者がほめたり、いいねと言ってくれれば、わたしの気持ちは上がり、反対にけなされたり、よくないと言われればガクっと落ちる。まるでお天気に左右されっぱなしの無力な人間のようで、何だかそれって悲しく思えてくる。この図式のまま行けば、他者というあてにはならない気まぐれなものの気分に翻弄され続けることになる。それは海の波の上に落ちた葉っぱのようで、波に弄ばれて、上がったり下がったり、上がったり下がったりされるがままなのだ。
 他者からの評価に依存しない生き方とはこれもたとえになるんだけれど、自給自足のような生き方のことじゃないかって思う。自分の生活に必要なものは自分でまかなって、というやっていき方のことなんだ。もちろん、自給自足とは言えども、ご近所づきあいはあるだろうから、ナスをもらったり、ダイコンをもらったりということはあるとは思う。もちろん、ご近所さんから何かをもらえればそれは嬉しい。でも、ご近所さんからのナスやダイコンなどのお裾分けに依存するとなれば話は別だ。そのご近所さんからの野菜がないと生きていけないともなれば、ご近所さんに「必ず野菜くださいね」とか言ったり、果ては野菜をくれなかったら「何でくれないんだ。困るじゃないか!」と怒り出す始末。それでもご近所さんがくれなかったら「何でくれないんですか……」と泣き出すかもしれない。
 他者からの評価に依存するとはこういうことじゃないかって思うんだ。自分の気持ちとか精神状態を他者なしでは維持できない。それって苦しいことだと思う。もちろん、他者が365日「いいね」と言い続けてくれるなら、この生き方もいいかもしれない。でも、他者は「いいね」と思った時しか「いいね」とは言ってくれない。ということは、よくなくても「いいね」って言ってもらう。嘘でも、無理してでも、何が何でも「いいね」って言ってもらうってことにならないだろうか。わたしはそんな「いいね」嬉しくないな。わたしが壊れないように無理してでも「いいね」を言ってもらうのは相手にも悪い気がするし、何だか息が詰まってくるよね。
 だから、完全とまではいかなくても、自給自足に近い状態のほうがいいんじゃないかってね。他の人が「いいね」をくれなくても、生きていけるように自分をしっかりと持った方がいいと思う。もちろん、他の人がわたしのしたことに対して「いいね」で応えてくれたらそれはそれで嬉しい。でも、「いいね」をくれなくても、いや、逆に「よくないね」というボタンを押されてしまったとしても、やっていけるようにできたらいいなって思うんだ。
「いいね」がなくてもやっていける人って飄々としていて、すごく魅力的な人だと思う。でも、そういう人は言うまでもなく、自分の「いいね」や大きな存在からの(神様とか自然とか)「いいね」を大事にしているんじゃないかな。人がほめてくれなくても、評価してくれなくても、自分だけは自分の味方だし、神様だって尽きることのない「いいね」を示してくださっている。「いいね」からしたら、「2いいね」でしかない。でも、その2つの「いいね」こそ、もっとも重視して大事にしなければならないものなんじゃないか。人はいいと思った時しか評価してくれない。だから、それに依存していたら他者に翻弄され続ける人生になってしまう。そして、それは不安定で苦しさにあふれている。
「いいね」のほぼ自給自足。できるようになりたいな。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
いつもわたしのブログを読んで下さりありがとうございます。
日本ブログ村のランキングに参加しています。
もし記事を読んで面白かったとか良かったとか少しでも思っていただけましたら、ポチっと投票よろしくお願いします。投票していただけますと励みになります。

かたつむりと自己実現

 今日のノルマが終わっていない。やることリストを書いてあって、それを厳守しなければならないというわけではないんだけれど、漠然とながらもわたしにはやることがある。あれをやって、これをやって、それからどれも、みたいな感じでなかなか終わらないのだ。終わらないのに、疲労感は待った無しで容赦なく襲いかかってくる。今日のやりたいこと、全部終わらないや。
 こんな時、皆さんならどうされるだろうか。ほっと温かい飲み物でも飲む。気分転換の散歩にでも行く。好きな漫画を読む。人それぞれいろいろな解消法があることだろう。たしかにそういったこともあるのだけれど、わたしは今お世話をさせてもらっている、かたつむりたちを見ることにしたのだ。
 かたつむりたちが暮らしている透明のタッパーの中の様子を見る。すると、予想していた通り、静かで平和な時間が流れている。穏やかでゆっくりとした時間が。ゆったりとくつろいでいる、というか、とにかくそこだけ別世界でわたしがカリカリやっている心情とは真逆の世界が広がっている。
 それを見た瞬間、わたしは人生を急ぎすぎていたかもな、って一息入れることができた。わたしは急いでいた。栄光のゴージャスな自己実現に向けて日々の研鑽に余念なくしようとしていた。かたつむりたちの発する、発している空気。まるでわたしが高熱で熱せられた金属だとすると、それをザーっとかたつむりたちの冷水とでも言うべきまったりシャワーで、冷ましてもらったような、そんな感じなのだ。これはかたつむりを実際に飼ってみないと分からないことかもしれないけれど、彼らのまったり感はすごい。何だか、カリカリしていたのがバカらしくなるくらい、その熱を急速に冷ましてくれる。
 考えてみれば、かたつむりたちの方が寿命が短いのだから急いだっていいくらいなのだ。それなのに、彼らはマイペースでゆったりゆったり、のそー、のそーと生きている。かたつむりって長く生きて数年は生きるらしい。だとしたら、あと少なくとも40年近くは生きるだろうわたしの5、6倍はかたつむりたちは生き急いでもいいんじゃないか。でも、かたつむりたちは生き急がない。ただ、与えられたままに、ナスを静かに食べて、ゆっくりと移動している。
 時間を有効活用したいとか、有意義に使いたいとか、とかく人間のわたしたちは考える。でも、どうなったら有効活用できていて、有意義だと言えるのか。まったり、ぼーっとしているのだって意味があるんじゃないか。アクティブに活動するための余暇の時間だからとか、そういうことではなくて、純粋にそのぼけーっとしている、何もしない非生産的な時間がかえって、本当の豊かさなんじゃないかとさえ、かたつむりたちを見ていると思えてくる。
 本当の豊かさとはアクティブに活動できているかどうか、ではなくて満たされているかどうかではないか、っていう気がしてきた。かたつむりがあの生活で満たされているのかどうか。わたしはかたつむりではないから分からない。でも、案外かたつむりはかたつむりなりに充足していて満たされているんじゃないか。別に人生の目標だとか、自己実現だとか、そうした大層なことを掲げなくても彼らは幸せなのかもしれない。
 逆に人間は日々の営みを意図的に有意義にしようとしすぎて、かえってそれに縛り付けられている。本当は自由で、のんびりしていて、何物にも拘束されていないのに、自分で自分を縛り上げてしまっている。自分で自分を忙しくして、言うならば独り相撲をとっていると言ってもいいかもしれない。自分で自分の首をしめている。自分で自分を不自由にしている。
 その詰め込んだやるべきことって本当にやらなければならないことなのだろうか。やらないと何か大変なことでも起こるのだろうか。いや、そんなことはない。やってもやらなくても、人が死ぬとか何億円もの損失が発生するとか、おおげさなことが起こるわけではない。もちろん、やるべきことがお仕事だったり、介護だったり、子どもの世話だったりすれば、それはやらなければならない。でも、自分を高めるための、自己実現のためにやるべきことなんて本来は何もやらなくたっていいのだ。やった方が自分は向上して高まっていくけれど、やらなくたって損失はたかが知れているのだ。それを脅迫的に、やらないと自分がさびついてしまうなどと思ってやるのはどこか間違っていたのではないか。
 かたつむりたちがどんなことを日々考えているのか、できることなら話でもしたいものだ。もしも、かたつむりと話ができたら彼らは何て言うのかな? 退屈で仕方がない、というのかな。それとも、満更でもないとか、自分は幸せだって言うのかな。それは、かたつむりたちに聞いておくれってな話だから、真相は分からないけれど、切迫感とか焦燥感みたいなものはないんじゃないかって思うんだ。かたつむりには、ね。
 かたつむりを見ながら、自己実現について考える。とてもいい試みではないかと我ながら思う。人生とはそもそも生き急ぐものではないのかもしれない、とかたつむりたちを見ていて思い始めた星である。ゆっくり、まったり。この尊さを忘れないようにしたい。ま、自己実現もほどほどがいいのかもしれないな。というか、かたつむりたちからしてみたら人間ってつまらないことにこだわってるな~って感じなのかもしれないね。人間はとかく余分なことや余計なことをしたがる。彼らはそんな風にわたしたちのことを批評するのかもしれない。なんてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
いつもわたしのブログを読んで下さりありがとうございます。
日本ブログ村のランキングに参加しています。
もし記事を読んで面白かったとか良かったとか少しでも思っていただけましたら、ポチっと投票よろしくお願いします。投票していただけますと励みになります。

かたつむりたちとの新生活ってか

 たしかあの日は雨が降っていた。その日、わたしはキャベツの苗を買ったのだった。面倒くさがり屋の星はキャベツを種から育てない。苗から育てるのだ。というわけで、スーパーの外の園芸コーナーでキャベツの苗を買った星。その時にはまったく気が付かなかった。素晴らしい出会いが待っていたことに。なんて書くと、それから星どんラブロマンスか何かですかい?、と期待は高まることだろう。でも、色恋ばかりがすべてではない。
 家に到着。ふと今買ってきたばかりの苗を見る。すると、そこに小さなものが付いているではないか。えっ? もしかして、かたつむり? 何と米粒より少し大きいくらいのかたつむりがそれとなく、キャベツの葉っぱに佇んでいる。わたしはだんだん嬉しくなってきた。かたつむり、飼いたかったんだよなぁ。何ヶ月か前の記事に「かたつむり、飼いたいなぁ」ってつぶやいていたことが、今まさに現実の出来事となったのだ。夢がかなった、のだ。
 早速、ネットでかたつむりの飼い方を調べると、またスーパーへ必要なものを買いに出掛けたわたし。キッチンペーパー、プラスチックの容器、餌のナス。それらを買い終えたわたしはかたつむりの生活環境を作り上げた。かたつむりは無事に我が家の一員となったのだった。
 次の日、わたしはそのかたつむりに名前をつけた。ビビっときた名前、「マイケル」。マイケルがいい! かっこよくないですか? しかし、母にそのことを興奮気味に言ったら、「そのかたつむりってオスなの?」と冷静な返しが来たぁ~。わたしはかたつむりの性別の見分け方なんてもちろん知らないから、その返答には盲点をつかれた感じだったけれど、多分男だろうと何の根拠もないのに決めつけて、「マイケル」と命名したのだった。命名マイケル。女の子かもしれないけれど、マイケル。まぁ、いい。わたしの中ではマイケルはれっきとしたオスなのだから(根拠は、ない)。
 そして、マイケルを飼い始めて一週間か二週間くらい経っただろうか。マイケルはすくすく大きくなって、最初のころの2、3倍の大きさになったのだ。成長、著しいマイケル。正確な性別が不明なままのマイケル。そして、性別の見分け方を調べもしない星。その日はわたしの誕生日だった。天ぷら屋さんに天ぷらを食べに行ったことは書いたと思うけれど、その店に向かう途中で、川の近くを通った時に、かたつむりを見つけてしまったのだ。あいにく、その時にはかたつむりを入れておくような入れ物は持っていなかったから、泣く泣くあきらめたものの、そのかたつむりのことが忘れられなくて、また家に着いてから出直して、かたつむりを捕まえに出掛けたのだ。で、川の近くの草が生い茂っているところを通り一遍見回したら、4分の1くらい探したところで、何と6匹ものかたつむりを捕まえることができたのだ。案外かたつむりっているもんなんですね。水辺をさがせばいるもんなんですね。で、さすがにもうこれ以上捕まえても飼えないだろうと判断したわたしはかたつむりで胸をほくほくさせながら家路に向かったのだった。
「マイケル~、仲間だよ~」てなわけで大きめのタッパーにマイケルと新入りの仲間たちを入れて飼育スタート!!(タッパーのふたには錐で穴は開けたけどね)
 飼い始めて感じていることはまめにお掃除してあげないとダメなんだなぁってこと。水けを含んだキッチンペーパーを敷いているので、ナスとか入れてもすぐに腐ってくる。だから、まめにきれいにしてあげないと衛生環境はすぐに悪化してしまう。それから、かたつむりって人間に害を与える菌(あるいはウイルスだったかな?)を持っているらしくて、素手でつかむのはやめた方がいいらしいのだ。だから、わたしはタッパーのお掃除をする時には使い捨ての薄いビニール手袋でさわって移動させたりするようにしている。
 星さんと言えば、旧ブログのモンシロチョウの写真を見てもらえば分かる通り、モンシロチョウをこよなく愛している感じなんだけど、今年のモンシロチョウ祭りができるかどうか先行き不透明なのだ。なぜかと言うと、プランターに植えたキャベツの苗がですね。それがバッタに食われまくっていてですね。葉っぱがほとんどないような危機的な状況になっているからなんですよ。やっぱり自然に任せすぎるのも問題なんでしょうかね? 防虫ネットとかした方がいいんでしょうかね? というわけで来春のモンシロチョウ祭りを開催できるのか雲行きが怪しくなってきているのです。ま、そうなったらそうなったで開催できませんでしたってことになるんだろうな。でも、今のわたしにはかたつむりのマイケルたちがいる。モンシロチョウ祭りができなかったとしても、オールシーズンのかたつむり祭りは始まりましたからね。だから、前途は言うまでもなく明るいんです。だから、大丈夫。
 スローライフの象徴でもあるかたつむり。でも、案外歩くの速いんだよな。少し目を離すともう別の場所にいるってなくらいに。スローなことはスローだけれど、やることはやるんです。そこもわたしが惚れているところでございますね。
 星家ではかたつむりも飼い始めてにぎやかになってまいりました。というわけで、かたつむりのお世話が始まり、まさに新生活。ナスは切らさないように(ってそんなに食べないけれど)冷蔵庫に常にありますよ。キッチンペーパーだって替えはバッチリありますからね。
 かたつむりを毎日世話して眺めながら、楽しくやっていけたらと思う。新生活スタート!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
いつもわたしのブログを読んで下さりありがとうございます。
日本ブログ村のランキングに参加しています。
もし記事を読んで面白かったとか良かったとか少しでも思っていただけましたら、ポチっと投票よろしくお願いします。投票していただけますと励みになります。

売れない作家

 今日もせっせと売れない作家は文章を書いてます。

 せっせと、せっせと、せっせと、せっせと。

 売れない作家なのでやっぱり売れません。

 それでも、せっせと、せっせと励みます。

 せっせと、せっせと、せっせと、せっせと。

 売れない作家はそれでも書き続けます。

 せっせと、せっせと、せっせと、せっせと。

 それでも作品は売れません。
 誰も見向きもしません。
 何年経っても売れません。

 それでも、せっせと、せっせと励みます。

 せっせと、せっせと、せっせと、せっせと。

 売れない作家は死にました。

 それから、その作家さんは?

 天国でも書いているそうです。
 やっぱり天国でも売れない作家のままらしいのですが。

 今日も売れない作家さん、
 せっせと、せっせと、せっせと、せっせと。

 今日もせっせと書いてます。

<追伸>
 わたしは彼のようでありたいです。売れるかどうかとは関係なく。星

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
いつもわたしのブログを読んで下さりありがとうございます。
日本ブログ村のランキングに参加しています。
もし記事を読んで面白かったとか良かったとか少しでも思っていただけましたら、ポチっと投票よろしくお願いします。投票していただけますと励みになります。

いいじゃないの

 高卒なんだ。
 いいじゃないの。

 高校の時、落ちこぼれたんだ。
 いいじゃないの。

 吃音なんだ。
 いいじゃないの。

 精神疾患なんだ。
 いいじゃないの。

 リアルの友達が一人もいないんだ。
 いいじゃないの。

 アイドルみたいにかっこよくないんだ。
 いいじゃないの。

 お金があんまりないんだ。
 いいじゃないの。

 女性とお付き合いしたことさえないんだ。
 いいじゃないの。

 もう40近いおじさんなんだ。
 いいじゃないの。

 働いたことがないんだ。
 いいじゃないの。

 抜け目がなくてずるい人間なんだ。
 いいじゃないの。

 とにかくパッとしないんだ。
 いいじゃないの。

 平凡なんだ。
 いいじゃないの。

 じ、実は、自殺未遂歴があるんだ。
 いいじゃないの。

 それだからいいじゃないの。
 それも含めてあなたじゃないの?

 いいじゃないの。
 それでいいじゃないの。
 今のあなたでいいじゃないの。
 違う?

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
いつもわたしのブログを読んで下さりありがとうございます。
日本ブログ村のランキングに参加しています。
もし記事を読んで面白かったとか良かったとか少しでも思っていただけましたら、ポチっと投票よろしくお願いします。投票していただけますと励みになります。

PAGE TOP