孤高の芸術家の星?

 それにつけてもおやつはカール♪ ではなくて、それにつけてもわたしのブログは人気がない。「はぁ」とため息が出てしまう。
 ここ最近のわたしの記事で、自分を励ますようなことを書き続けてきたけれど、やっぱり人気というものが得られるのであればほしいと思ってしまう。
 毎度毎度のわたしの2000文字超の記事。書くのに1時間ちょいかかるんだ。それに比べて、他のブロガーはそんなに記事を書くのに時間をかけない。中には、今日の出来事、近況報告だけしか書かない人さえいる。で、そういう人に限って、わたしのブログの何倍もの読者を得ていて人気がある。
 世の中にはわたしなんかよりも努力していて、かつ報われていない人もいるだろうから、あんまり声高には言えないけれど、それでも努力って必ず報われるとは限らないんだなってつくづく思う。才能のある人がちょちょいと仕上げた仕事の方が評価されることだってよくあることじゃないの。その何倍も努力したものの、一向に報われない人。それは努力の方向が間違っているとか、才能がないからなんだろう、とか好き放題言おうと思えば言える。でも、世間ではあまりこういうことは大きな声では言わないんだ。頑張れば必ず報われる。だから頑張れ、の一点張りでね。もちろん、星のブログ記事なんて毎日書いたとしても、せいぜい毎日1時間の努力。こんなもんじゃなくて、毎日多くの時間を割いて心血注いで何かをやっているのに結果がついてこない人、いるんじゃないかな。はっきり言って、どんな世界でも成功した人にしかスポットライトが当たらない。頂点をつかんだその成功者、勝者だけにしか勝利インタビューは許されないんだ。でも、そのチャンピオンを頂点とした時に、そのピラミッドの下には名もない多くの人の群れがいる。えてして、そうした人々は黙殺されがちだ。チャンピオンが勝利インタビューを受けるのを横目に己の力が及ばなかったことを痛感する。
 わたしのブログは人気がない。まさに細々とさえしていて、閑古鳥も同然。記事の中でいいこと言えてると思うのになぁ。結構冴えてると思うんだけどなぁ。やっぱり、独りよがりなのかなぁ。方向性が間違っているのかなぁ。などといろいろ思いをめぐらせてはいる。
 でも、単に人気が出さえすればそれでいいのだろうか、という疑問も一方ではわいてくる。
 わたしの現状を陶器職人にたとえるなら、わたしは文章という壺を作っているんだ。その壺、自分では結構いい感じにできたと思っている。けれど、ほとんど誰からも見向きもされない。多くの人々からわたしの壺は価値あるものとは見なされず、素通りされている。となれば、考えられるのは壺のクオリティー自体が独りよがりで低いのか、あるいは大衆ウケする壺でないのか、のうちのどちらかということになる。そう考えると、わたし自身、壺のクオリティーが低いとは考えにくいから(いや、そういうのが分からないのが致命的なのだろうか?)、やはり人々の求めるものを提供できていないのだろうか。
 人々から必要とされる。人々から認められる。人々から価値ある存在だと思われる。それも良く言えば商品価値があるということで、悪く言えば単に大衆ウケしているだけ。
 ここでわたしには二つの道のどちらを行くかという選択肢が出てきた。一つの道は人々から認められようがどうだろうがそんなことは気にせずに己の道を突き進む。とにかく自分が作りたい壺を探究していく。もう一つの道は人々に気に入られて必要とされるようなニーズに合致したものを目指していく。自分が作りたい壺ではなくて、受け入れられる壺を目指していく。
 この両極端な二つの道のどこあたりでやっていくか、というのが今後のわたしのテーマのような気がしてきたのだ。この二つの道はどちらか二者択一といったものではなくて、どの程度の案配でその方向性で行くのか、といったところだろうと思う。だから、半々くらいで行くというのも一つの道だろうし、いや、片方にやや傾くくらいがいい、という案配もある。
 こう考えていくと、世の中には人々からは評価されていないけれど、あるいは酷評されているけれど、優れたものって少なからずありそうだ。
 とここまで書いてきて、わたしの方向性が見えてきた。孤高の陶器職人(文筆家)と呼ばれてもいいから、ひたすら自分が納得できるような壺(文章)を目指して精進していけたらと思えてきたのだ。そうなれば、人々からの賞賛は得られないかもしれない。いや、賞賛とは無縁な芸術活動になる可能性のほうが断然高い。でも、いいのだ。日々細々と暮らしていくだけの糧はあるのだから、文筆はそれにプラスするオプションみたいなものであればいい。で、やっていって、生計が得られるようになったら万々歳。得られなくともそれはそれで文筆自体は続けられているのだから、それも良し。社会的に成功してもしなくても、自分が書きたいものをどこまでも追究していくことができればそれでいいのだ。何も万人にウケようと迎合する必要はない。うーん、まさに芸術の茨の道。孤高の文筆家の星と呼ばれたら(呼ばれさえしなくとも)それで良し。
 今日もいい壺(文章)作っていくぞ~!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
↑ポチっと投票よろしくお願いします。

リスペクト

 テレビをつけても、ラジオをつけても、新聞を広げても、どこもかしこも「これが正解です」と言わんばかり。様々な思想が飛び交い、ライフスタイルが提案され、「これしかない」と強気で主張する人たち。みんながみんな強気ではないのだけれど、それでも自分の人生の多くの時間を費やしてきた生き方というだけのことはあって、どんなに控え目な人であっても自信はあるようだ。
 その自分が実践している生き方なり、思想なりが別の誰かによって否定される時、そこには怒りが生じる。自分が大切にしているものをけなされたことへの怒り。踏みにじられたことへの怒り。それもそうだろう。だって、その人はそれを否定されてしまったら「あなたの人生無駄でしたね。ご苦労様」と言われるに等しいからだ。たとえば、わたしがキリスト教神学を勉強しているとして、それも本当に心血注いで多くの時間をかけて勉強しているとしたら、それを「意味ないね」と言われたらどんな気持ちになるかと言えば、察するのは実にたやすいことだろうと思う。
 なぜかは分からないけれど、ふとわたしに「働け」とこのブログのコメント欄で言ってきたYのことが思い出された。働いている人間と働いていない人間の正面からのぶつかり合い。一言で言えば、そんな感じだった。で、あまりにもわたしの生き方を彼は否定してくるものだから、本当に頭にきて「あなたのようにはなりたくない」ってわたしは返答したんだった。お互いが大切にしているものを否定し合う。これって不毛だよね。
 神様は十戒の安息日の規定のところで、一週間のうち6日は働きなさい。そして、安息日に休みなさい、って言われたんだ。つまり、仕事をして働きなさいってことのようだ。わたしはクリスチャンだから、神様の命令に従う義務がある。そう単純に素直に考えるなら、わたしは働いていないのだから神様の掟に逆らっていることになる。でも、とここで苦しい言い訳をするのであれば、たしかにわたしは賃金が発生する労働はしていないけれど、勉強したり、料理をしたり、ごみ出し、洗濯などの家事の多くをやっている。これらは仕事としては認められないのだろうか。もっと根源的なことを言うのであれば、生きていること自体が仕事ではないだろうか。すぐちょっとしたことで死にたくなるわたしにとってこの毎日の生活というのは仕事のようなものだ、と言うのは断じて甘すぎるのだろうか。Yだったら、「甘い。そういう風にぐだぐだ言っている暇があるのだったらとにかく働け」とわたしに言うことだろう。
 ともかく、この神様からの十戒であっても、わたしの解釈を用いるなら、わたしだって立派に仕事はしているし、神様の前で十分勤めは果たしていると思うのだ。
 大抵、人と人が言い争いを始める時というのは、自分の正解をお互い相手に押しつけようとする時ではないだろうか。神学的な物言いをするなら、本当の正解を知っているのは神様だけだと思う。人間もある程度は正解を知っているけれど、絶対的な100%正しい正解というものは知らないと思うのだ。もちろん、自分や人を傷つけることを相対的にとらえて、それらが絶対的にいけないことではない、などと言うつもりはわたしにはない。それらはダメだと思うのだけれど、例外だってあるだろうし、何が何でもどんないかなる場合においてもダメなことだ、とは断言できない。最後は神様だけがご存知の領域。
 しかし、前言撤回するけれど、わたしにとってこれは、と思う掟はイエスさまが言われた「互いに愛し合いなさい」である。この掟、すごいんだよなぁ。これに反しながらできる悪いことって何にもないんだ。
 さっきの話で考えると、自分の正解を相手に押しつけることにしても、それが愛し合えているか、と問われれば違うと言うしかない。いや、これは相手を正しく導くための愛の鞭なんだと正当化することもできなくはないものの、その鞭によって言い争いが始まるのだから、わたしはこれは違うと思う。
 もしも愛のある物言いをしているのであれば、それは相手に伝わる。押しつけるというのは愛のない物言いだと言ってもいいかもしれない。
 それに変わりたいと思っていない人にどんなに口を酸っぱくして言っても、ただそこには抵抗や反抗が生じるだけ。適切な時期に、適切な言葉で。そうでなかったらその言葉はただの雑音だよ。スポーツで考えてみても、スポーツ教室とか部活動で指導者からこうした方がいい、って言われて素直に受け入れることができるのは、上達したいっていう気持ちがしっかりとあるから。上手くなりたいとも何とも思っていない人にアドバイスしてもそれは無駄ではないだろうか。むしろ、「わたしは楽しむためにやっているのに余計なことを口出しして」と反感をもたれるのが関の山だ。だから、働きたいとは思っていない人間に「働け」と命令するのは無意味な行為だと言える。その人が機が熟して、その一押しをしてもいいという絶好のタイミングが来た時に背中を押す意味での「働け」は響くだろうとは思うけれど。
 少なくとも、相手に自分の考えを押しつけて変えようとする人は安全な人だとは言えない。安全な人は、相手を批判しないし、アドバイスだって本当に状況を見計らって慎重にする。人に何かをすすめることにだって神経を使うくらいなんだから。
 相手に「こうしろ」「これやれ」と命令する時、そこにあるのは自分の方が相手よりも正しいという意識だ。相手は間違っていて、その間違っているお前のために教えてやっているんだ。そうした傲りがそこにはある。自分がもしかしたら間違っているかもしれない、という謙虚さや慎重さはその態度には微塵も感じられない。俺は人生の正解を知っていてそれを教えてやっているんだから従え。なぜなら、それは絶対正しいからだ。
 そうじゃなくて、わたしは共に生きていきたいな。共に生きていく、つまり共生するためには相手へのリスペクトが必要じゃないですか? 自分と違う相手を無理矢理、自分と同じようにするのではなくて、違いを認め合うんだ。だから、わたしはYを否定してはいけないし、Yだってわたしのことを否定してはいけないんだ。お互い話をすれば噛み合わなくて平行線なところも多いだろう。でも、否定してはダメなんだ。相手の存在を否定してはいけないんだ。その人の歩んできた、そして現に歩んでいる人生にリスペスト。敬意を表する。「頑張ってるじゃん」「よくやってるよ。ご苦労様」っていう言葉をお互いかけ合うんだ。
 と書いてはみたものの、これが本当に難しい。異文化理解みたいなもんだからね。
 リスペストする姿勢がこれからの時代、求められていくだろうと思う。「よく頑張ってるね」とお互いねぎらえるようになった先にはきっと新しい関係性が広がっていくんだろうな。
 リスペクトすることが難しい相手をリスペクトする。否定して切り捨てるんじゃなくて、ね。そこから始まっていくんだよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
↑ポチっと投票よろしくお願いします。

心の平和を求めています

 今朝、4時に起きた。そして、それからシャワーを浴びて5時半。ヨガをやろう。そう思ってテレビをつけたら、テレビに心を持って行かれてそのままヨガもやらずに1時間半もダラダラと見てしまった。
 気持ちが下がる。テンションが下がる。やる気が下がる。何というか「さぁやっていくぞ~!!」みたいな元気が内側から起こってこない。ただあるのは倦怠感と無気力感へとつながっていくような気分だけ。調子が悪い、とまでは行かない。けれど、何か元気が出ない。で、それから気を取り直してヨガをやったものの、どこか集中することができないまま終了。へこんだ停滞している気持ちがどうも元には戻らない。
 テレビを1時間半も見るとわたしはどうなるかと言えば、何かにつけ物事に対して批判的になる。一言で言うなら、ネガティブになるのだ。思考がどんよりと厚い雲に覆われていて頭も冴えない。今、この文章を書いているわけだけれど、いつもの冴えはどこへやらといった感じで、冴えないんだなぁ。
 今、気持ちを盛り返そうとブルーハーツを聴いている。けれど、これは少し元気すぎるようで今一つ合わない。でも、だんだん元気になってきたぞ。
 みんな平安を求めている。幸福、幸せと言い換えてもいいかもしれない。そして、それが手には入らなくてあがいてあがいてあがくんだ。で、わたしはと言えば、ようやく平安がどういうものか見えてきたような気がする。自分がぽかぽかとあたたかい心でいること。いられること。それが平安なんだろうと思う。そこにクリスチャンなら神様と共にとくるのだろう。
 最近わたしはアティテューディナル・ヒーリングの本を読むようになった。精神科医の水島広子さんが日本に紹介したもので、わたしはその考え方にふれてみて、ものすごく癒しを得ることができたんだ。一言で言えば、このヒーリングはやさしい。こうすべきとか、こうしなさいとか言うことはほとんどしないで、「やってみたらどうですか」みたいなスタンスだからだ。これは心の平和を目的としているもので、どうすれば自分が心穏やかに平和でいることができるのか、という方法を教えてくれるのだ。ここで詳細を述べてもいいのだけれど、それは少しばかり荷が重いのでまたの機会にするとして、そういったものがあるということだけ知っていてもらえたらと思う。
 アティテューディナル・ヒーリングを生活に取り入れ始めて数週間といったわたし。これを実践してみて変わったことがあるのでご報告したい。
 何かまわりの人たちがわたしに優しくしてくれるようになったのだ。教会へ行った時にこれを実践しているのだけれど、次から次へと小さな奇跡が起こるのだ。まわりのわたしへの対応がとてもソフトになり、優しくなった。それは母が言うには、わたしがおだやかになったからではないか、とのこと。まわりの人たちを変えようなんて1ミリも思わないのがアティテューディナル・ヒーリングの流儀だから、わたし自身が変わったっていうことなのかな。
 わたしは今、心の平和、つまり平安を求めている。そして、それはわたしに与えられつつある。だから、自分でそれをテレビを長時間見たり、パソコンやポルノなどで台無しにするのはもったいないのだ。そうではなくて、心の平和を目指したい。そして、毎日をすがすがしく生きていけたらと思う。怖れを手放して愛に生きる。そんな風にやっていけたらいいな。そのためのアティテューディナル・ヒーリング。しなやかに生きていきたい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
↑ポチっと投票よろしくお願いします。

大木のようになりたい

 わたしを植物にたとえるなら何になるかな。そうだな、こんなこと言うと「星さんたら、また自己肯定感が低いんだから~」と言われてしまいそうだけれど、たんぽぽの綿毛ではないかと思う。綿毛ってふわふわしていますよね。ふわふわ~、ふわふわ~って風の吹くままにあっちらこっちら自分の意志などほとんど持たずに運ばれていく。まさにあれなのです。
 誰かが何かもっともらしいことを言うと、「そうだそうだ」と同意して、また別の誰かが違うことを言うとまたそれも本当らしく思えてきて「こっちの方が正しいのかも」とブレ始めて、で、またそのまた別の人がまた何か言うと「そういう視点もありだな」とあっちにコロコロ、こっちにコロコロと二転三転する。まるでその様子はお空を舞っているたんぽぽの綿毛のようで、とても頼りない。
 これは何も意見などに限られなくて、誰かが自分のことをほめてくれたり、あるいはけなした場合にもあてはまる。誰かがほめてくれると本当に嬉しくなって有頂天になって、今は最高の気分だと思う。けれど、ちょっとでも批判されたりしようものなら、ズドーンと底にたたき落とされてしまう。あんなに人からほめられて気分は絶好調でさえあったのが、一転、最悪の気分へと様変わりする。
 だから、わたしの気分はいつも人任せだった。風が吹くままと言っていい。わたしの気分を良くするためには他の人からの賞賛なり、おほめの言葉が必要で、自分自身の気分に責任というものをまったく持っていなかった。わたしの気分の主導権は自分にはなくて、自分以外の人たちに握られているのだ。
 でも、この不安定な気分の構造が明るみに出されてきて、このままではまずいんじゃないかと危機感を覚え始めたので、変わりたいと思うようになったのだ。
 人の賞賛などの評価といったものは実に移ろいやすい。一時はあれだけほめてくれた多くの人たちが興味関心が他に移ってしまうと、まったくこちらに見向きもしなくなる。そんな気まぐれな人からの評価にわたしをすべて委ねてしまっていいのか。わたしの大切な精神状態とか気分とか心の状態を任せきってしまっていいのだろうか。今ではそれは良くないと思える。やはり、自分の気分には責任を持つべきだと思うし(あんまりべきって言いたくはないけれど)、人の評価に全面的に依存してしまうと実に不安定になってしまうからだ。
 だから、わたしは大きな木になりたい。大木のようにどっしりと構えて多少のことでは揺らがないようになりたい。もちろん大木だって台風が来れば大きく揺さぶられる。でも、根はしっかりと張っていて、そんな台風ごときではびくともしない。どっしりとしっかりとその場に立ち続けていることができるのだ。
 言い換えるなら、精神的な面においては自分の軸がしっかりとある状態だ。生きていれば自分に批判が向けられることもたまにはあるだろう。でも、その批判は批判として受けた上で、それでも自分の考えはしっかりとあって、変わらないところはどっしりと変わらないでいることができる。そんな風になりたい。要するにブレないようになりたいのだ。自分の軸をしっかりと持ちたいのです。
 そのためにできること。今のわたしにできること。ヨガをやる。学びを続ける。しっかりと毎日を生活する。料理をまめにする。文章を書いて自分の意見をはっきりとさせる。お祈りをする。思い付くだけでもこれくらいある。
 とにかくしっかりと生きること、生きていくこと。自分自身と向き合って、自分の内側を満たしていくこと。
 すぐに大木のようになることはできない。1ミリ、1ミリずつ成長させていく。そして、自分自身を大きく成長させていくんだ。
 今のわたしが人からの評価が気にならないと言ったら嘘になる。でも、その評価は評価として置いておこうかなという気持ちになりつつある。大木は人から評価されても、されなくても変わらずそこにひたすら立ち続ける。そこまでストイックにはできないと思うけれど、その変わらずブレずにいるという姿勢からは多くのことが学べる。
 一本の木はほめられても、けなされても、忘れられても一本の木。ただ、そこにある。何だかすごくかっこいいなぁ。強固な美学が大木にはある。
 いつかは大きな木になって、自分の木陰で安らぎを他の人に与えることができるようになれたらと思う。そんな日がいつ来ることやらと思いつつ、1ミリ、1ミリずつ成長していきたいなぁ。これはわたしの人生の大きな目標だ。大木のようになりたい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
↑ポチっと投票よろしくお願いします。

ね、ねむい

 星家の消灯時刻は早い。小学校1年生でさえもこんなに早くないだろうというくらい早い。最近の小学1年生はもしかしたら10時とか11時に寝るんじゃないか。だから、わたしの家はまさに良い子の集まりなのだ。
 夜の8時から9時のあいだ。これが星家の寝る時間である。
 そういうわけでいつも通りにベッドに入った星であったが……。ね、眠れない。目が冴えてしまって眠れないのだ。疲れていることは疲れているのだけれど、一向に眠りの向こう側へ行ってくれない。あまりに眠れないので、眠くなるまで本でも読んでいようと夜中の12時半頃まで通販生活の『ピカイチ事典』をこれまた熱心にメモを取りながら読んでいたわたし。もうその頃になると、眠いというよりも脳疲労が甚だしくて、とにかく疲れてバタンキュー状態になっていた。で、ベッドに入る。で、眠れた。
 わたしは睡眠学の本を持っているのだけれど、その本によると不眠には遅寝早起きがいいとのこと。それを実践しようと、今朝目覚ましを5時に鳴るようセットした。鳴る。少し気持ちが悪い。わたしが眠いとなる典型的なパターンである。明らかな睡眠不足。もう3時間くらい眠りたい。
 しかしそれでもわたしは眠い頭にムチを打って、懸命にお料理を作り(今日はかぼちゃのシンプルココナッツカレーだよ)、ヨガとピラティスをやり、それから母と一緒にごみも出し、とアクティブに活動。が、眠い。それから本を読み始めて15分くらいは続けただろうか。しかし、一向に頭にいつものテンションは戻らず、ぼけー、ぼけーっと頭にねずみ色のベールがかぶせられているよう。お金になることは普段からほとんどしていないから生産性も何もないけど、まさに能率性や生産性が著しく低下している。とにかく、気が付くとあくびをしている。「あなたはこの問題についてどう思いますか?」と何かについて尋ねられようものなら、クレヨンしんちゃんのしんのすけじゃないけど「眠いと思う」と条件反射的に答えてしまうと思う。
 この文章、もはやぐだぐだし始めているよね。締まりも冴えも何もなくて、ただ思ったことをぐだぐだ、ぐだぐだ~って書き連ねているだけ。こんなの面白いと思ってくれる人っているのかな? ま、2割くらいはいるかな。それに期待しつつ、筆を、いえ、Pomeraをチャカチャカ打ち進めていこうと思う。
 睡眠の専門家が言う遅寝早起きってたしかに不眠症の人には効くだろうけれど、その日の日中は使い物にならないよ。昼間を生産的に過ごしたい人にはこれはおすすめできないな。じゃあ、この眠気、どうしたらいいんですか? 仮眠? たしかこれも睡眠の専門家が言うには一日の昼寝の時間は30分以内ならいいとのこと。そして、さらにその昼寝をする時間帯も午後の3時くらいまでだったかな。そんな昼寝をすると、眠気が飛んでいいらしい。でもね、30分で起きるってなかなかきつくない? 普通に昼寝したら2~3時間は寝ちゃうと思うけど、そこを30分にする。しかも午後3時までにその昼寝を完了させておく。うむ、かんぺき~。
 って何かこの記事、食べ物にたとえるならポップコーンみたいになってきてません? ふわふわしているけど、食べるとほとんど何も残らない、みたいな。ここまでほとんど情報らしい情報もない、いわばぐだぐだ報告日記みたいな文章だね。
 昼寝しようかな。それが唯一のこの日中の活動性、生産性を上げる方法だな。仕事はしていないけれど、この調子では仕事にならん(って仕事はしていないけれど)。
 ね、眠い。睡眠って人間の基本的な欲求だから、これが満たされないと苦しくなるんだ。ね、眠い。とりあえず昼寝しよう。朝張り切って元気を出そうとコーヒーをいつも通り飲んじゃったから眠れるかどうかは分からないけど。
 30分の昼寝するぞ~。いや、もう少し寝ようかな。専門家の助言通りにやるかやらまいか考えている星である。でも、とりあえず寝る~~。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
↑ポチっと投票よろしくお願いします。

PAGE TOP