人の評価がほしいのは自信がないから

 Twitterがあれほど自分には合わないと言いながらも、それからちょくちょくやっていたわたしである。
 ある時、わたしはこんな内容のツイートをした。「パッとしないブログに、パッとしないTwitter……」などと自身の置かれた状況を少し悲観しているかのようなツイートをしたのだ。何も期待していなかった。いわば、一種のグチ吐きとかウサ晴らしと言ってもいい。こんな一方的なツイートに返信が来るだなんて想像すらしていなかった。が、来たのだ。
「パッとするってどういうことですか?」みたいな意味深なリプが来た。たしかに、わたし自身、パッとするとかしないとか言っているけれど、その意味しているところをあまりよく分かってはいなかった。わたしはこのある意味、哲学的というか鋭い返答からその人物に期待した。「何か有意義なものが得られるかもしれないぞ」。そして、わたしは答えた。「お金をたくさん得るとか、人気者になることです」と。そうしたら、彼は次のように返してくれた。Jさんとしておこうか。Jさんはこう切り返す。人気などを自分の中心にしていると安定しない。そういうものではなくて、自分の内側を満たした方がいいんじゃないか。自分はクリスチャンでヨギー(ヨガをやっている人)です。ヨガをして、お祈りして、一日を始めて一日を終えます。
 ふむふむ、わたしと共通点が多いぞ。男性でクリスチャンでヨガをやっている人って滅多にいないんじゃないかな。しかも若そうだ。
 と彼のリプを読んでいたら衝撃的なまさに核心をついた言葉にわたしは目を見開かされた。「人の評価がほしいのは自信がないからです」。ズドーン。わたしのハートのど真ん中をJさんは射抜いたのだ。わたしが、わたしが今、一番必要としていた言葉。それを彼はこともなげにさらっと言うのだ。このJさんのこの言葉、10回くらいは読んだだろうか。と、何だか魂の解放というか、オーバーに聞こえるかもしれないけれど決してオーバーでなくて、わたしの苦しみの氷が一気に氷解したのだ。
 わたしの苦しみ、葛藤の原因。それは自信がないから。自信がないから、小・中学校時代、勉強して成績を上げて人から評価されようとした。いつも真面目に親の期待に背くことはしないで「よい子」でやってきたし、あろうとした。それも人から評価されるため。社会的に成功して売れっこ作家になりたい。それも根本的なところは自分に自信がないから。みんなから「すごい」とか「えらい」とか言われることによって、自分の自信がないことを補おうとしていた。
 あやうく、あやうくだけど、このJさんの一言がなかったらわたしは一生、人からの評価を求めて、ほしがって、全面的に自分の中心にしてそれに依存していたことだろう。でも、気付いた。たしかに人から評価されることはわたしの気分を良くしてくれるけれど、それを中心にしてしまったのでは、いつもゆらゆらと安定することなく揺れ続けるんだな、と。評価が得られれば天にも上る思いで絶好調になり、少しでもけなされれば絶不調になって底をはう。自分の気分を人任せにしていて、気分を良くしたり悪くしたりするリモコンを自分以外の人たちに委ねてしまっている。
 Jさんはわたしに押しつけがましい調子ではなくて控え目にこんなことを書いてくれた。練習(おそらくヨガのことだろうと思う)をしていって少しずつ、少しずつ自分の内側を満たしていったらどうでしょうか、と。今のわたしに必要なこと。それも一番必要なこと。それは社会的な名声とか名誉を手に入れることではなくて、それらに依存しないで生きていけるように自分の内側を少しずつ満たしていっぱいにしていくこと。人の評価に翻弄され続けるのではなくて、どっしりと自分軸を持ってしっかりと立つこと。そのためのヨガなのである。
 ヨガをやる目的って何だと思います? 何のためにヨガってやるものなのか。ズバリ、一言で言うなら、自分の心をベストな状態にして安定させること。いたってシンプルだけど、難しいポーズができるようになるとか、体の柔軟性を極限まで高めるとか、そういうことではないんだ。すべては心の平安のため。心の平和を得るため。この一点に尽きる。(まぁ、この意見に同意できない人もいるかとは思うけど。)
 神様は本当にわたしに最良のものを与えてくださるんだなって今回のことを通して思った。これからJさんとどんなやり取りがあって、どんな関係が発展していくのかわたしには予想できないけれど、神様は出会うべき時に出会うべき人を与えてくださるんだなって思わずにはいられない。死ぬまで、一生涯、人の評価を得ることだけに翻弄されて流され続けていただろうわたしに、「いや、こうする方がいいんじゃないですか」とJさんを通してお導きを与えてくださった神様。恵みだな。本当、恵みだと心の底から思うよ。
 人の評価に一喜一憂されることから卒業できた先にはどんな世界が広がっているのだろうか。さぁ~、ぼちぼち今日も夕方からヨガをやろう。そして、神様にお祈りをしよう。人生の方向性を示してくださった神様、ならびにJさんにオーバーではなくて、感謝、感謝な星なのでした。Jさんとの出会いをきっかけに新しく目の前が開けていくといいなぁと願いつつ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
↑ポチっと投票よろしくお願いします。

礼拝の説教の感想「わたしが、わたしが」

 只今の時刻は午後1時かといったところ。今日は日曜日で教会へ行ってきた。礼拝なのだ。というわけで、礼拝での説教の個人的な感想をまとめてみたいと思う。
 今日の聖書の箇所はルカ12:13-21。なかなかイエスさまは厳しいことを言われているところで、身が引き締まる思いがする。
 牧師はこんなことを説教で語った。この箇所を原典で読むと、「わたしの」とか「わたしが」というのが逐一書かれている、と。この日本語訳の聖書ではそれを書くとくどいから省略されているのだ、と。わたしの倉、わたしの穀物、わたしの財産、といった調子でギリシア語では書かれているらしい。わたしはそれを聞いて、確認しようにもギリシア語はさっぱり分からないので確認しようがないものの、それが本当だとしたら、ここでイエスさまがたとえで語られている愚かな金持ちはひたすら「わたしが」「わたしの」と自分中心な単語を連呼していることになる。自分がどうか、どうするか、どうしていくか。自分しかその金持ちには見えていなくて、彼の視点はとにかく自分だ。
 そこからさらにイエスさまがわたしたちに教えてくださった主の祈りへと話は及んでいく。「わたしたちに必要な糧を今日与えてください。(マタイ6:11)」であって「わたしに必要な糧を……」ではないと牧師。「わたしたち」であって「わたし」ではないのだ。イエスさまが教えてくださったこの主の祈り。何にも考えずに祈ってきたけれど、イエスさまはみんなに糧が与えられることを祈り求めなさいと言われているのだ。自分が、自分だけが良ければそれでいい、などとはおっしゃられなかったのだ。だから、今日の箇所の愚かな金持ちはイエスさまの主の祈りの精神と真っ向から衝突するのだ。わたししか見えていないこの金持ちと、わたしも含めたみんなに視点を及ばせなさいと教えられたイエスさま。
 このイエスさまの視点。ついわたしは忘れてしまって、わたしが、わたしが、ってなってしまうんだけれど、それではダメだとイエスさまははっきりと言われているのだ。まさに富や資源や土地や食糧などを独り占めしようとする現代社会の申し子たちへの痛烈な批判である。自分さえよければ他人なんてどうだっていい。そんな自己中心的なあり方ではダメなのだ。それは隣人愛とも真っ向から対立するあり方だ。そうではなくて、みんながハッピーな世の中になるよう、視点を自分中心から解放してみんながどうかというところまで広げていく。だから、行動においても、祈りにおいても自分中心を卒業する。自己中心的なあり方から脱却していくのだ。多くの人がそうしていったらもっと世界はハッピーになるだろうな。
 でも、これはわたしの個人的な意見だけれども、人のことを考えるにはまずは自分を満たすことだと思う。自分がカラッカラで荒廃していて、余裕なんてひとかけらもない。そんな状態では誰かに愛を注ぐことなんてできない。だから、わたしはまずは自分を充実させて満たしたい。そして、できることを人々に奉仕していけたらと思っている。
 わたし自身、ヨガをやり元気になってきた。精神疾患からの影響を受けている時間もだいぶ減ってきて安定してきた。あともう少し。あともう少ししたら誰かのために本格的に何かできるかもしれない。今のところは人の話をおだやかにあたたかい心と態度で聞くとか、毎日を楽しく健やかに普通に暮らすとか、おいしい食事を作るとか、それくらいのことしかできていないけれど、一歩ずつ前進しているように思う。わたしにとっても、自分のためだけでなくて他の人のために生きる方向性がしっかりと立った時にこの長い青年期が終わりを迎えるのだろう。
 また、説教中に牧師がこんなことも言った。牧師は、この説教が信徒のある人にとって人生で最後の説教になるかもしれない、という緊張感を持って語っている、と。たしかにその通りで、特に高齢の方にとってはこれが最後の説教になるのかもしれない。でも、牧師はおそらく人間はいつ死ぬか分からないということも含めた上で言っているのだろう。「これが最後の説教かもしれないと思って聞いてほしい」と語ったのだ。わたしは明日も明後日もそれから先もおそらく死ぬことなく生きているだろう。でも、その保証はどこにもない。明日死ぬかもしれないからだ。だから、今日の夕食だって最後の晩餐になるかもしれず、今夜だって最後の夜になるかもしれない。それは分からないものの、そう考えるとこの一瞬がとてもかけがえのないものに思えてくる。
 以上、自分中心からの脱却についての話と、これが最後の説教だと思って聞いてほしい、との2つの話が今日の説教でわたしが一番印象に残ったことだ。これからまた一週間、世に送り出されたわけだが、この2つを心に留めながらさらにていねいに毎日を生活していきたい。神様、ありがとうございます。アーメン。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
↑ポチっと投票よろしくお願いします。

ね、ねむい

 星家の消灯時刻は早い。小学校1年生でさえもこんなに早くないだろうというくらい早い。最近の小学1年生はもしかしたら10時とか11時に寝るんじゃないか。だから、わたしの家はまさに良い子の集まりなのだ。
 夜の8時から9時のあいだ。これが星家の寝る時間である。
 そういうわけでいつも通りにベッドに入った星であったが……。ね、眠れない。目が冴えてしまって眠れないのだ。疲れていることは疲れているのだけれど、一向に眠りの向こう側へ行ってくれない。あまりに眠れないので、眠くなるまで本でも読んでいようと夜中の12時半頃まで通販生活の『ピカイチ事典』をこれまた熱心にメモを取りながら読んでいたわたし。もうその頃になると、眠いというよりも脳疲労が甚だしくて、とにかく疲れてバタンキュー状態になっていた。で、ベッドに入る。で、眠れた。
 わたしは睡眠学の本を持っているのだけれど、その本によると不眠には遅寝早起きがいいとのこと。それを実践しようと、今朝目覚ましを5時に鳴るようセットした。鳴る。少し気持ちが悪い。わたしが眠いとなる典型的なパターンである。明らかな睡眠不足。もう3時間くらい眠りたい。
 しかしそれでもわたしは眠い頭にムチを打って、懸命にお料理を作り(今日はかぼちゃのシンプルココナッツカレーだよ)、ヨガとピラティスをやり、それから母と一緒にごみも出し、とアクティブに活動。が、眠い。それから本を読み始めて15分くらいは続けただろうか。しかし、一向に頭にいつものテンションは戻らず、ぼけー、ぼけーっと頭にねずみ色のベールがかぶせられているよう。お金になることは普段からほとんどしていないから生産性も何もないけど、まさに能率性や生産性が著しく低下している。とにかく、気が付くとあくびをしている。「あなたはこの問題についてどう思いますか?」と何かについて尋ねられようものなら、クレヨンしんちゃんのしんのすけじゃないけど「眠いと思う」と条件反射的に答えてしまうと思う。
 この文章、もはやぐだぐだし始めているよね。締まりも冴えも何もなくて、ただ思ったことをぐだぐだ、ぐだぐだ~って書き連ねているだけ。こんなの面白いと思ってくれる人っているのかな? ま、2割くらいはいるかな。それに期待しつつ、筆を、いえ、Pomeraをチャカチャカ打ち進めていこうと思う。
 睡眠の専門家が言う遅寝早起きってたしかに不眠症の人には効くだろうけれど、その日の日中は使い物にならないよ。昼間を生産的に過ごしたい人にはこれはおすすめできないな。じゃあ、この眠気、どうしたらいいんですか? 仮眠? たしかこれも睡眠の専門家が言うには一日の昼寝の時間は30分以内ならいいとのこと。そして、さらにその昼寝をする時間帯も午後の3時くらいまでだったかな。そんな昼寝をすると、眠気が飛んでいいらしい。でもね、30分で起きるってなかなかきつくない? 普通に昼寝したら2~3時間は寝ちゃうと思うけど、そこを30分にする。しかも午後3時までにその昼寝を完了させておく。うむ、かんぺき~。
 って何かこの記事、食べ物にたとえるならポップコーンみたいになってきてません? ふわふわしているけど、食べるとほとんど何も残らない、みたいな。ここまでほとんど情報らしい情報もない、いわばぐだぐだ報告日記みたいな文章だね。
 昼寝しようかな。それが唯一のこの日中の活動性、生産性を上げる方法だな。仕事はしていないけれど、この調子では仕事にならん(って仕事はしていないけれど)。
 ね、眠い。睡眠って人間の基本的な欲求だから、これが満たされないと苦しくなるんだ。ね、眠い。とりあえず昼寝しよう。朝張り切って元気を出そうとコーヒーをいつも通り飲んじゃったから眠れるかどうかは分からないけど。
 30分の昼寝するぞ~。いや、もう少し寝ようかな。専門家の助言通りにやるかやらまいか考えている星である。でも、とりあえず寝る~~。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
↑ポチっと投票よろしくお願いします。

忘れないよ

 このブログの日本ブログ村でのランキングが低迷している。というのは、他のブログに要らん批判をしてからだ。そのわたしの「むかつく」という未熟さ丸出しの文章を読んで、多くの人が星に対して愛想が尽き、離れていったのだろう。そもそも、誰かのブログを読むというのは、何か得るものがあるとか、楽しい気分になれるとか、とにかく前向きなメリットを求めてのことだろう。それなのに星ときたら、自分のネガティブな感情を全開にしてそれを読者の皆様方にぶつけてしまった。反省する次第である。申し訳ない。というわけであの記事は非公開にしておきますね。封印、封印。
 昨日、心動かされたことがあったので、そのことを書いていきたいと思う。
 昨日行ってきた場所は、祖父が入所している施設である。その施設は、利用代金を口座振替などの自動引き落としではやっていなくて、お支払いは現金のみなのである。ある意味徹底していて、だから少なくとも月に1回は施設へと出向かなければならない。というわけで昨日行ってきました、という次第なのだ。
 コロナ禍になってからというもの、その施設は面会を禁止していて、直接会って話をすることは原則できない。でも、話をする方法が二つだけあるのだ。それはリモート面会とベランダ面会の二つ。リモート面会というのは、画面越しにリモートでする面会で、ベランダ面会というのは、ベランダに施設の職員に本人を連れてきてもらって、大声で話をするというもの。ベランダというだけあって、上の階なので、わたしたち家族は上を見上げるのである。
 ということで、昨日祖父とベランダ面会をしてきたのだ。本当はもっと頻繁にこれができたらいいのだけれど、不精不精で足が施設から遠のいて、利用代金支払いの月1回というのがお決まりのようになってしまっている。
 祖父はこんなことをわたしたち(母とわたし)に言ってくれた。最近、顔を見せないから心配していたこと。どうしているのだろうと思っていたこと。それから迷惑ばかりかけてしまって申し訳ないということ。家のことは全部わたしたちに任せたということ。元気にしているか? 病気はしていないか? などなど、どの言葉もわたしたちを気遣ってくれているあたたかいものだったのだ。本当は自宅に帰りたいのだろうに、一言もそんなことは言わないし、それよりもわたしたちのことを家族の家長として心配してくれている。何だかそれがとてもいじらく思えてきて、とても祖父が愛おしく感じられたのだ。自分のことよりも相手のことを考えて心配してくれている祖父。今まで同居していた時には、時に祖父から悪態をつかれたりしたこともあって、「くたばれ」とわたし自身思うこともあった。でも、それはそれとして、今の祖父とわたしたちの関係というのはとても純粋なお互いに相手を思いやるものへと変化しているのだ。もちろん、祖父の介護を全部施設にみてもらっていて、楽ちんなのだからそうしたことを思えるのだろう、と言われてしまえばそれまでだけど、離れていることによって関係が好転している面もあるのだ。
 三、四日前くらいに施設から電話があった。祖父の腕時計の電池が切れてしまったので、電池交換をするまでの間、代わりの時計を持ってきてほしいとのことだった。代わりの時計もちゃんと持っていって、施設へと向かったわたしたちである。祖父はベランダ面会の時に「時計がなくなってしまった」と言っていた。どうやら施設の職員によると、探しても見つからないらしい。スタッフは祖父がなくしたとか何も言わなかったけれど、要は祖父がなくしたようだった。またその腕時計をなくしてしまったことについても、祖父は申し訳なさそうだった。わたしは「時計持ってきましたから大丈夫ですよ」と大きな元気な声でそれに答える。すると、祖父は少しトーンに悲哀感をにじませながら感動気味に「忘れないよ」と言う。言うまでもなくそれはわたしたちの祖父への行動ならびに親切にしてもらったことを忘れないよ、ということなのだろう。それがまた何ともいじらしくて、わたしは少しほろり加減に傾いたのだった。
 相手を思いやる優しい気持ちってちゃんと伝わるんだなって昨日の祖父とのやり取りから感じた。相手に敵意を向ければ敵意が返ってきて、相手に好意を向ければ好意が返ってくる。そのシンプルな法則をまざまざと感じさせられたのだ。
 祖父ももう高齢だ。来年94かな? 95かな? そこんところははっきりしないけれど、それでも祖父に残された時間は少ない。わたしたちが祖父にしてあげられることはほとんどないけれど、それでももう少しベランダ面会の回数を増やすなど、できることをしてあげたいなって思う。もういつ亡くなってもおかしくない年齢だし、まさに亡くなっても大往生の年齢だ。祖父の最期、できることをやってあげたいなって思う。唯一、安心したのは、自分から「どこも悪いところはなくて、ごはんが少ないくらいで、元気にやっている」という言葉が聞けたことだ。ごはんをもりもり、元気にやってくれているようで一安心したのだった。
 祖父には毎日を味わいながら楽しく生活していってほしい。そんなことを願う孫のわたしなのであった。

 追伸:その後、腕時計が見つかったと施設から電話がありました。見つかって良かったです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
↑ポチっと投票よろしくお願いします。

今、ここを生きる

 わたしは今まで、「今」を生きていたのだろうか。生きてきたのだろうか。そう自分に問いかけると、未来のことばかり考えて生きてきたような気がする、という答えが返ってくる。
 今は未来のために捧げられる、未来のためのもの。そんな意識でこれまでやってきた。けれど、ヨガを始めるようになり東洋的な考え方にも親しむようになってきて、それってどうなんだろうと疑問に思い始めた。今を犠牲にする。そして、より良い未来を作っていく。この西洋的な考え方にもそれはそれで一理あるものの、何だかそれだといつまで経っても「今」を味わうことができない。いつまで経っても、簡単に言うなら幸福感を感じることができないのである。どこまで行っても先送りされ続ける幸せ。
 幸せは今にはない。先にあるんだ。いつまでやっても、あるのは先、先、先。未来、未来、未来。輝かしい未来って一体いつ訪れるのかしら。これって将来のためにあてもなく貯金し続けるのに似てません? わたしの日々の学びだってより良く生きるための手段みたいなものであるはずなのに、とにかく未来、未来のためにやるんだという感じになってしまっている。
 今、お金の話、あてもなくする貯金のことを挙げたけれど、お金って使うためにあるんだよね。自分が死んでしまったら大量の札束だって意味なくなるよ(それは残された人にとっては最高のプレゼントになるけれど)。お金は天国へは持っていけない。だったら、そのお金を生きている間に有効的に使う。お金は自分がやりたいことをやるための道具のような気がするんだ。
 今。わたしたちにあるのは今だけだ。過去は積みあがっているけれど、そして未来がたしかにあるようだけれど、今しかない。もちろん、だからといって放蕩三昧で享楽的に生きよと言いたいわけではない。ただ、今しかわたしたちは生きることができないということを言いたいのだ。
 それにしてもヨガをやっている時は本当に今に集中できている。自分の体の感覚と呼吸に意識をひたすら集中している。ヨガをやっている時、わたしは特に今を生きることができているように感じる。そして、デコボコ凹凸が出来始めていたわたしの心がヨガによってスーっと真っ平らになる。整えられて、まっすぐになり、また毎日やっていこうと思える。
 今に集中できていない時には得てして、怖れの感情に支配されがちになる。過去の嫌な出来事や苦い経験が思い出されて圧倒されたり、まだやって来ていない未来がとてつもなく暗くて希望が何もないかのように思えてくる。でも、ヨガをやるなりして「今」に集中し始めるとそうした「今」以外のものが意識に上らなくなってくるんだ。不思議なもので過去と未来について思い悩まなくなってくる。今、今、今、と今に集中していくと、「まぁ、ぼちぼちやっていこうか。今しかないんだからできることをやっていけばいいんだ」と大らかな気持ちになることができる。思うに、「今」に集中しながら、自分の呼吸や体の感覚にヨガなどで集中しながら、同時に不安になることってできないか、できたとしても相当難しいんじゃないかな。
 わたしは今、愛機POMERAの前に座りながら、チャカチャカとブログの記事を書いている。この今の感覚に耳をすますかのように体の感覚に意識を向けると、すごく充実している時間だなと思う。だから、自分の体の感覚と呼吸に意識を向けることはとても大事なことなんだ。
 今がある。そして、今しかない。ヨガで培い始めた、この「今」生きているという感覚を大切にしながら毎日を送っていきたいと思う。
 わたしは幸せだ。もう少しお金があったらとか、素敵なパートナーがいたらとか、もう少しいい暮らしができたらとか思わないと言ったら嘘になるけれど、それでもわたしは幸せだ。今、とても幸せだ。ヨガを始めて自分の幸せセンサーの感度、言うならば「今」への感度が上がってきたのだと思う。不平不満や愚痴や願望を言い出したらキリがないけれど、今わたしが持っているもの、つまり神様から与えていただいているものだけでも十分すぎるほどなのだ。
 とうとい今この時をしっかりと味わっていけたらと思う。今、ここを生きる。合掌、そしてアーメン。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
↑ポチっと投票よろしくお願いします。

PAGE TOP