キャベツさん、お元気ですか?

 わたしの精神状態のバロメーターは、キャベツを見た時にどのように思うか、である。
 キャベツを見て、「キャベツさん、お元気ですか?」とキャベツのことを気遣う余裕がある時はとても調子がいい時だ。
 そこまで余裕がなくても、キャベツをじっと見ていられる時は調子が比較的いい時だ。
 だが調子が悪い時にはキャベツを見ても何も感じないし、何も思わない。心に余裕がなくてキャベツを素直に見ていられないのだと思う。
 本当にイライラして調子が悪すぎる時には、ここまで丹精こめて育ててきたキャベツをグシャグシャに潰したくなるかもしれない。(有り難いことにそこまで精神状態が悪化したことはないが。)
 だから、わたしにとっては、キャベツの前にいることは、理科の実験で使うリトマス試験紙のように、それによって体調の良し悪しがわかるバロメーターなのである。
 今日、キャベツの前にかがみこんで座って、見ていたら気が付いたことがいくつかある。
 まず、キャベツは「いいね」の数など一切気にしないし、リツイートがどれだけあったかということなども気にするよしがない。キャベツって自由だね。わたしはそう思った。キャベツは植物だから動けなくてその場にずっといるわけだけど、キャベツに心がもしあるとしたら、きっと自由なんじゃないかって思う。何て言うか心が透き通っていて、ひたすら真っ直ぐ。欲深いキャベツとか、性格の悪いキャベツとか、意地悪なキャベツとか言わないでしょ。キャベツって真っ直ぐすぎて、そのことにおいて突き抜けてる。わたしは生まれ変わったらキャベツになりたいとは思わないけれど、その心のまっすぐさは見習いたいなぁと思う。
 でも、わたしはキャベツのことを買いかぶりすぎなのだろうか。多くの人間が悩みを抱えながら生きているように、キャベツも何か悩みを抱えているのだろうか。うーん。キャベツに質問しても答えてくれないけれど、もしかしたら葉っぱをちぎられたり、食べられたりすると痛いのかなぁ。根っこから引っこ抜かれると、コンクリートの上で干からびているミミズと同じように苦しいのかなぁ。キャベツさん、もしかしたら痛いのかもしれない。それも瀕死になる位の痛さ。だから、キャベツにはキャベツなりの悩みがあって、それでも真っ直ぐに生きているんじゃないか。キャベツさん、案外けなげなのかもしれない。
 キャベツがもし言葉を話せたら、一体何を語り出すのだろう。キャベツさん、かく語りき、ってな状況である。おそらくわたしたちが「今日はサラダを食べたいなぁ」とキャベツさんの葉っぱをちぎり取ろうとしたら、断末魔と言うばかりの絶叫をキャベツがするかもしれないとわたしは想像する。「うぎゃぁぁぁ!!!!」ってな具合に。
 そんな風にキャベツを擬人化して考え始めると葉っぱをちぎるのを躊躇してしまう。「痛いんじゃないかなぁ」と申し訳なく思ってしまう。
 でも、キャベツは食べたい。「キャベツがかわいそうなんでわたしはキャベツは食べません。」という風変わりなキャベツ愛護者なんて聞いたことないけれど、キャベツ育ててるとそういう気持ちが湧いてきてもおかしくないと思う。だって、小学校の時、「わたしは家でニワトリを飼っているので鶏肉は食べられません。」という女の子がいたけれど、つまりはそういうことなのだ。育てていると情がわく。それは動物であれ植物であれ同じこと。って持論を必死で弁護しようとしてますけど、キャベツ愛護者って聞いたことない。わたしだけ? というか動物愛護があるのにキャベツ愛護がないのはどうして? 同じ生き物なのに。
 ってなこと言い始めるとわたしが二十代の前半に陥った食べ物が食べられなくなる状態に戻ってしまいそうだ。それは、やばい。
 いや、でもわたしの場合、キャベツだけ食べないキャベツ愛護者だから、肉も魚も卵も人参も大根も、キャベツ以外のものだったら何でも食べますから大丈夫。
「なぜキャベツを食べない?」
「キャベツがかわいそうだから」(即答)
 こんな問答をし出したから、おそらく皆さんはわたしのことを心配されていることだろう。でも、大丈夫。わたしはキャベツを食べますから。ええっっ!! かわいそうだから食べなかったんじゃないの? いえいえ、愛するモンシロチョウの幼虫がキャベツを食べるから、わたしもそれに倣ってキャベツを食べるのです。どういう理屈だよ。意味不明。
 ともかく、わたしは今日も勉強やら何やら生活において煮詰まるとキャベツの前へ行きキャベツを見る。そして、心を落ち着かせて軌道修正する。たかがキャベツ。されとキャベツ。キャベツを侮るなかれ、と言ってもいいくらいだ。
 キャベツを見て、ちょっとTwitterのいいねとリツイートの数に翻弄されて一喜一憂してたなと反省して心機一転。心を整え再出発する。いいねにもリツイートの数にも動揺しない(っていうかそのもの自体の存在さえも知らない)キャベツを見習って「さぁ、やっていこう」と思える。モンシロチョウを飼いたいがために育てるようになったキャベツだけれど、わたし自身本当にいろいろ大切なことをキャベツから教わっている。
 キャベツさん、ありがとう。あなたのおかげでわたしの心は青虫がすくすくと成長していくように大きく豊かになってきています。キャベツさんから滋養あふれる心の栄養を受けているわたし。わたしもモンシロチョウもキャベツなしでは語れない。

風邪をひきました

 二週間前、とても調子が悪かった。体が熱っぽくて倦怠感がすごくて、とにかくだるい。10月17日の教会の礼拝はそういうわけで欠席した。
 休んでも熱っぽくてだるいのは変わらず、ついに意を決して病院へと行った。とは言えどもコロナ禍の昨今である。病院へ行ってコロナだと言われたらと考えると、やはり躊躇してしまうのだが、それでも思い切って行ってきた。
 わたしの場合、体温は計っても平熱より少し高いかどうかの36度9分くらい。コロナだったらもっと高熱が出るのではないか、と知ったかぶるわたしである。
 病院へ行く。吃音のわたしは口頭で病院へ来た経緯を言う自信がない。それはもう分かり切っていたことだから、メモ用紙に病状を書いて持参した。これは助かる。吃音のわたしにとってはどうもあの病院の受付の看護師さん(医療事務の方?)に説明する時の距離が何とも言えず苦手な距離なのだ。むしろ近いなら近い方がよく、遠いなら遠い方がよい。あの中途半端な近くもなく遠くもない距離、とても苦手である。
 そんなこんなで受付を終えたわたしは待合室で待っていた。この病院なのだが開業医のクリニックのようなところで、なかなか効率的な診療を行ってくれているところで、待ち時間が短くて実にスピーディーでいいのだ。今はこのクリニックはコロナのワクチン接種もやっているようで、待合室が真ん中から二つに仕切り板で分けられていた。その左側の方の部屋の椅子に腰掛けるわたしである。
 名前を呼ばれた。「もしかしたらコロナと言われるのでは。まさかわたしが」と考えたりもしたが、もうここまで来た以上引き返すことはできない。熱はほとんどないのだからコロナではないだろう、と診察前から勝手に決めつけずにはいられない。不安なのだ。
 で、診察。医師は一言。「軽い風邪でしょう。」一気にわたしの緊張感は砕け散った。風邪、風邪か。良かった。実は自分がもしかしたらコロナではないかと不安になりながらも、そうではなくて自律神経が乱れていてほてっているのではないか、ということを思ったりもしていた。コロナでもなければ、自律神経の乱れでもなかった。良かった。風邪だった。風邪で良かった。
 だから、不謹慎な話だが帰りはルンルン気分である。軽い風邪だってさ、てな具合に急に気分が高揚してきたのだ。
 あと驚いたのは医師が三種類の薬を処方してくれたのだが、そのうちの一つが葛根湯だったことだ。診察でわたしは思わず「葛根湯ですか?」と聞いてしまった。それだけポピュラーな葛根湯という薬を医師が処方してきたのがとても意外だったのだ。我が家では風邪をひいたら葛根湯とだいたい決まっていて、今回も病院へ行く前から葛根湯は飲むようにしていたのだ。けれど、葛根湯意外の二種類の薬、解熱剤に抗生物質という組み合わせ方がやはりプロである。
 それで3日くらいその薬を飲んでおとなしく過ごしていたら、みちがえるように元気になってきたのだった。しかし、それでもまだ風邪はおそらく完治していないのだろう。どこかだるさは残っている。熱っぽい感じはだいぶなくなってきたのだが。
 薬は5日分である。それがなくなってからわたしはどうしたか。自宅にあった葛根湯と風邪薬を活用したのだ。風邪薬にはアセトアミノフェンが配合されていて、医者からもらった薬の解熱剤もアセトアミノフェンだった。つまり、医者からもらった薬を抗生物質以外、だいたい再現したということなのである。アセトアミノフェンの量も合計で100mgくらい多いだけでだいたい同じである。
 それを飲み始めてから数日たって今日なのだが、すこぶる調子がいい。のどはまだ本調子ではない。けれど、だいたい治ったのである。ありがたや。ありがたや、である。
 今回の風邪はやはり、無理をして勉強や読書を頑張りすぎたことが原因ではなかったかと思う。きついのに、疲れているのに、しんどいのに、それでもやめない。これは体が信号を出して「もうやめて。」と訴えているのである。それを無視することはやはり良くないのだと痛いほど分かった。無理は良くない。ぼちぼち休んでぼちぼちやる。それくらいのスタンスでいいんじゃないかと思えてきた。体を壊してまでやる仕事はない、って誰かも言っていたけれど、つまりはそういうことなのではないだろうか。勉強や読書などの知的な活動もまずは健康あってこそなのだ。健康を害してまでやるのは本末転倒なのである。
 必要なだけ休むことは怠惰ではない。負けでもない。むしろ、休まず無理をしすぎて体調を崩し強制的に休まざるをえないことの方が結果的にはマイナスなのである。その間、何も活動できないのだから。
 馬になれなくてもいい。牛でいい。ゆっくり、ゆっくり牛歩で前進していく。もちろん、馬に憧れはするものの、いつも馬だったらバテてしまう。馬ではなく牛のように。なかなかできないが、これを実践していけたらと思う。
 休むこと。このことの大切さを身を持って感じた今回の出来事であった。

星さん、体がほてっています

 数日前から、なぜかほてりがある。風邪でもひいたのだろうかと、体温を計ってもいつも通りの平熱。頭が痛いわけでもないし、咳も出ない。ただただ、ほてっている。というわけでほてりながらも、家庭の医学で素人的な判断をしてみることにした星である。
「ほてる」で引いてみると、あった、あった。ありましたよ。
 まず真っ先に目に飛び込んできたのは、「更年期障害」の文字。何でも閉経前後でエストロゲンの分泌量が減ってほてりの症状も出てくるとのこと。閉経? まさか男なのにこのわたしが閉経? ってそんなわけないでしょう。と次のページへと目を移す。
 そこに書いてあったのは、自律神経の乱れが何たらこうたらで、ほてりの症状が出るとのことだった。うむ。これはあてはまるかもしれない。何せ連日わたしにとってはハードな読書と勉強の日々をここ最近送っていたのだから。いつも気持ちがピリピリしていて、極端に言えばバリバリの戦闘態勢。夜も一応眠れることは眠れるのだが、眠りはどこか浅くて、朝起きると猛烈なだるさ。一日の始まりだというのに疲労を感じている始末なのである。疲れが取れない。そんなことを感じていた最近であった。
 それとも高血圧なのだろうか。血圧が上がっていてほてりを感じているのか。うちに血圧計あるからあとで計ってみようっと。
 で、仮に血圧が原因でないとしたら、(もちろん更年期もおそらく違うだろう。)残された考えられる原因は、軽い風邪か、自律神経の乱れか、ということになる。
 どちらにしろ、休息が不可欠であるらしいと家庭の医学を読んで分かったので、昨日は夜の7時に寝た。(早っ!!)そういうわけで結局夜にやろうと思っていたヘブライ語ができなくなり、(ヘブライ語の勉強仲間のFさん、本当に申し訳ない。)という顛末なのだ。
 で、面白いというか間抜けな笑い話があるのだけれど、星さんは明日は7時半に起きようと目覚ましをセットしたわけですよ。そうしたら、そうしたらベッドに入った30分後の夜7時半にしっかりと目覚ましのアラームが鳴ってくれるではありませんか。もう起きました。何事かと一瞬思ったけれど、そうか7時半にセットしたんだった、ということを思い出すと一人でケラケラ爆笑してしまいました。本当、これおかしいから。間抜けというか、考える力が足りないというか。
 そして、朝。目覚めた星である。起きてから一時間くらいはほてりから解放されていたのだけれど、またほてり出した。でも、昨日よりはほてっていない。ほてりが弱まった感じだ。やはり、昨日早めに寝たのが良かったのだろう。風邪か、それとも自律神経の乱れか。医学的に素人なわたしにはどちらなのか分からない。
 あと一週間か10日くらい様子を見て、それでも治らなかったら病院へ行ってみようかと思っている。教会はどうしようか。熱が平熱だったら行ってもいいのだろうか。まぁ、状況を見ながらぼちぼち判断していこうと思う。
 冒頭で更年期障害ではないとあっさりと断定した星だけれど、もしかしたら更年期ということもあるかもしれないと考えてみたりする。男性の更年期障害。あるかもなぁ。もう38だし。
 ということは、風邪、自律神経の乱れ、更年期障害の3つの疑いが残されることになる。どれだろう。うーん、わからん。
 ヘブライ語の勉強をできなかった苦い経験をもとに、ヘブライ語は一日の始まりかその次くらいにやろうと反省したのであった。
 もしかした神様がわたしにほてりを通して「自分を大切にしなさい」と教えてくださっているのかもしれない。優等生気質が抜けない星はやはりやり過ぎてしまう。そして、やり過ぎることを肯定的に評価してしまう悪い癖がある。
 自分がやり過ぎないようにセーブをかける。これはとても大切なことだ。それに前の記事にも書いたけれど、それが長期的な視点に立つなら、なおさら生産性を高めて人生を充実したものにする上で必要なことなのだ。ハードに活動して体調を壊すことを美学にしないで、むしろそうしたことを否定的にとらえて格好悪いこととして戒めてなくしていく。今のわたしにはそうしたことが是非とも必要だ。

 神様、無理し過ぎない範囲で休み休み頑張りたいと思います。わたしのペースを掴めますようどうぞ見守っていてください。そして、時にはわたしを戒めて休むことを促してください。主イエスのみ名によって祈ります。アーメン。

 追伸:いいかと思ったらやはり調子が悪いので明日病院へ行ってきます。

荏開津,鈴木『農業経済学(第5版)』(1章~6章まで)で紹介されている本、14冊。ビギナー向けの本が多めです。(ブックリスト1)

 農業経済学については初学者のわたしですが、このブックリストを紹介することによってこの分野を勉強しようと思われている方の参考になりましたら嬉しいです。

 まずはこの記事のもとともなっている、農業経済学を学び始めるならこの本。これは外せないでしょう。まずはこの本から!!

・荏開津,鈴木『農業経済学(第5版)』

 農業経済学も経済学の一分野ですから、数学が必要なようです。

・A.C.チャン,K.ウエインライト『現代経済学の数学基礎(第4版)(上・下)』

 統計学も必要です。これは統計学の入門書だそうです。

・田中勝人『経済統計(第3版)』

 日本経済の高度成長やバブルについてはまずこの本。

・武田晴人『高度成長』(岩波新書)

 共通農業政策(CAP)については次の本を参照。

・B.ガードナー『ヨーロッパの農業政策』

 家族農場については次の本。

・R.M.ガッソン,A.J.エリングトン『ファーム・ファミリー・ビジネス-家族農業の過去・現在・未来』

 農本主義などの農業思想についてはこれがいいとのこと。

・原洋之助『「農」をどう捉えるか-市場原理主義と農業経済原論』

 さらに興味のある人にはこの本がすすめられている。

・神谷慶治『現代農業本論』

 産業組織論については次の本。

・小田切宏之『新しい産業組織論-理論・実証・政策』

 農産物の市場組織についてはこの本がいいとのこと。専門的な研究書であるらしい。

・鈴木宣弘『寡占的フードシステムへの計量的接近』

 農業協同組合論は以下の本を。

・増田佳昭『規制改革時代のJA戦略-農協批判を越えて』
・生源寺眞一『これからの農協-発展のための複眼的アプローチ』

 共済事業についてはこの本。

・渡辺靖仁『農業共済と農村保障ニーズ』

 農業金融論については、

・泉田洋一『農業・農村金融の新潮流』

 開発金融については、

・泉田洋一『農村開発金融論-アジアの経験と経済発展』

 いかがでしたでしょうか。農業経済学、まずは何を勉強したらいいのだろうと思われている方はこのブックリストの種本である荏開津、鈴木『農業経済学』(岩波書店)を最初の第一歩として取り組まれたらいいかと思います。というわたしもこのテキストに今取り組んでいるところです。このテキストは東大の二人の先生が書いた本で定評があります。(他サイトでも薦めている人が多かったです。)まずはここから。ここから農業経済学の学びは始まっていくのだなと痛感しております。そして、このテキストで学びながら、もしくは学び終えてからでもいいのですが、適宜この記事で紹介させていただきました本を手に取ってさらに学びを深めていただけましたらと思います。かく言うわたしもまだ初学者です。さらに貪欲に学んでいきたいと思っております。共に学んでいきましょう!!

安息日は休むことにした

 わたしの今までの生活には安息日というものがなかった。一応、日曜日は教会へ行き、礼拝を捧げること自体はしてきた。けれど、その日に積極的に休息していたかと言えば、そうとは言えないのである。
 月曜日から始まって日曜日まで毎日ハードに予定を詰め込んで真面目に生活してきた星である。それがどうしてまた急に安息日に休もうと思ったのか。それにはきっかけがあって理由がある。
 ヘブライ語の勉強仲間のFさんとここ二週間ほどお互い励まし合って勉強してきた。するとちょうど二週間あたりで、Fさんが日曜日は安息日として休みたいと言い出したのだ。Fさんはとても真面目な方でヘブライ語以外にもいくつかの言語を学ばれている。だから、わたし以上にハードな毎日を送られてきたのだろう。Fさんもきつかったようで休みがほしくなったのだ。
 Fさんのこの言葉を受けて、わたしも日曜日休みます、と宣言したのだった。というわけでわたしも日曜日は休もうと思う。
 毎日、毎日しゃかりきになって物事にエネルギッシュに取り組むことは素晴らしいことだ。でも、休むということも同時に大切なことだと思うのである。わたしはロボットではない。決められたプログラム通りに命令通りに忠実にこなすだけの存在ではない。わたしは人間だ。だから、人間だから休むのだ。
 テレビの番組表みたいなスケジュールを立てて、それを忠実に完璧にやる、という人もいることだろう。しかし、わたしにはできないし、それをやりたいとも思えない。わたしは人間だ。生き物だ。だから、機械のようには振る舞えないし、逆にそうしないことによって人間らしさというものが保たれるのだと思う。
 聖書によれば安息日とは、牛などの家畜も休ませる日だ。この日は動物にも仕事をさせてはならないのだ。これはつまり、生き物は休みましょうという神様からの命令ではないだろうか。
 安息日。みんなが休む聖なる日。
 わたしたち日本人は休むということに対して否定的ではないかと思う。頑張って何かをやり続けることには意義があるけれど、休むことは何も活動していないのだからできるだけ休まない方がいいし、もっと言うなら休まないのがベストだ。と考える人も日本人には結構いそうだ。
 けれども、わたしが思うには「休む」ということも立派な仕事だと思うのだ。たしかに何も休まないで生産活動をし続けることができたら最強だけれど、大抵の人はそんな生活を何年も何十年も送っていれば、身体的な病気やあるいは精神的な病気になってしまう。そうしたら、そうなってしまったらそれ以後は何も生産的な活動ができなくなる。そうなると長期的な視点に立てば、休みながらも健康を害することなくコツコツと長い期間やることができる人の方が、短期間休むことなくやって病気になりそれ以後何もできないという人よりも生産的ではないかと思う。これは、うさぎとかめの話にも似ていて、最初飛ばしてあと寝ているうさぎよりも、一歩一歩確実に自分のペースで歩むかめの方が、最終的には優るのである。もちろん、かめのように歩み続けるうさぎが最強だということは言うまでもないことだ。でも、どこかで休息しなければそのうさぎも力尽きてレースの途中でリタイアするだろうことは目に見えている。
 夏目漱石が書いた手紙の中には、馬ではなくて牛になりなさい、という趣旨の言葉がある。わたしたちは俄然、馬になりたがる。うさぎとかめで言うなら、うさぎになりたがる。でも、最終的には、長期的な視点に立つなら、牛、かめが最強なのである。どちらも無理をせず自分のペースで歩んでいて、休み休み行くところが共通している。
 人生は長い。わたしは38歳だから80歳まであと42年もある。最初勢いづいて飛ばしてあとバテたり、病気になったりするよりは、休みながらも着実に一歩一歩進んでいった方が賢いことは言うまでもない。
 神様は安息日には休むようにとわたしたちに大切な生き方を示してくれている。神様はわたしたちが休みなしにしゃかりきでやったら力尽きて幸せになれないことをよく分かっておられていて、その上でわたしたちにそのようなことを命じられたのだと思う。神様はわたしたちのことをわたしたち以上に分かっておられるのだ。
 だから、安息日は休もうと思う。と言いつつも好きな小説くらいは読むかもしれないけれど。(って休んでないじゃん。)

PAGE TOP