生活改善!!

 精神的な不調がやってくる。重い重い不調が。わたしの場合、うつっぽくなる。気持ちがくさくさしてきて、前向きになることができなくなり、ただただ色々な人や物事に対して不平不満を並べ立てるようになる。
 この不調、どうしたものか。いろいろアプローチはあるだろうとは思うけれど、わたしはクリスチャンでありながらもキリスト教的なアプローチはどこか心もとなく感じた。で、どのアプローチをとったかと言うと、精神医学的なアプローチである。キリスト教はキリスト教としてひとまず置いておいて、ともかく医者の言うことに耳を傾けようと思った。それも精神科医ならわたしのメンタル不調に有効な処方箋を持っているに違いない。わたしは精神科医の樺沢紫苑の本を開いた。
 その本を夢中になって読んで一日で読み終えてしまったわたしである。いわゆるハウツー本だが、しっかりと科学的な根拠があるハウツーが載っている。
 わたしの場合、目覚めの瞬間から不快なのだ。どうしようもないくらい暗いもやがかかっているようで目覚めが悪い。そして、やる気がしない。今日が始まるというのに、開始早々憂鬱なのである。樺沢氏によればこれはセロトニンがうまく分泌されていないらしい。だから、憂鬱で気分がふさぐらしいのだ。
 そうか。そうだったのか。なら、セロトニンを増やすようなことをすればいい。そういうわけで生活習慣を見直してみることにした。
 朝、目覚めが悪いのはなぜか。本を読んでいて思い当たることがあった。
 わたしは寝る前にお腹が空いたからといって食べていたのだ。それもよく食べていた。食べていなかった時の方が少ない。何でもこれがよくないらしいのだ。睡眠の質を下げてしまうとのこと。食事は寝る前の3~4時間前に済ませておき、それ以降は食べないようにと本には書かれていた。
 それから寝る前に興奮系娯楽に近いことをしていた。エキサイティングな勉強をしていたのだ。やはりこれも良くなかった。さらにネットをやる日には寝る直前までパソコンをやっていた。ブルーライトが良くない。安眠を妨げる行為である。
 寝る前の2時間はリラクッスタイムにした方がいいとのことで、それはごもっともだと思った。アクティブな活動は昼にやっておき、夜はひたすらリラックスする。そうしたメリハリをつけることが大事だそうだ。
 わたしは最近あまり運動をしていなかった。週150分は運動した方がいいとのこと。1日あたり少なくとも20分は運動する必要がある。ウォーキングなどの有酸素運動に筋トレなどの無酸素運動を組み合わせる。それが最強。
 で、朝散歩をするといいらしい。特にメンタル疾患の人は毎日やってくださいとあった。白湯を飲んで起床してから1時間以内に30分程度散歩すべしと本にはある。
 そして、朝シャワー。で、夕方また運動して、寝る90分前までに入浴を済ませる。
 ここまでやればもう眠くなるでしょう。わたしは今日、朝散歩はまだ初日だからやっていないけれど、夕方ウォーキングをして夕食後にシャワーを浴びた。もうこれだけで眠い、眠い。運動プラス入浴がこんなに効くとは生活習慣の改善をなめてましたよ。睡眠薬飲んでいないのに、もう本当眠い。自然な眠り。いいねぇ。こういうのを待ってたんだよ。
 明日は朝散歩をやろうと思う。で、朝シャワーも。で、昼はバリバリ活動して夜はリラックスして寝るんだ。
 最後にポジティブ日記を書くといいって本にあったから、簡単に今日あった嬉しかったこと、楽しかったことを書きたいと思う。

「ポジティブ日記」
 ①ネットで注文したみかんが届いた。いいみかんかどうか心配していたけれど、箱を開けて食べてみたら、みかんが新しくて新鮮でみずみずしくて美味しかった。スーパーのみかんよりもずっと良かった。訳あり品ということで心配もあったけれど、安くおいしいみかんが10kgも手に入ったのだから、大満足。おいしいみかんで嬉しかった。
 ②夕方に散歩してそれからシャワーを浴びたらもう眠い。これはもう寝る前の睡眠薬を飲まなくても眠れるんじゃないか。薬を飲まなくても眠れそうな感じなのが嬉しい。夜中に目が覚めることがなくて、朝の目覚めが良かったらいいな。健康的な方向に向かっている自分が嬉しい。
 ③今日食べたお弁当のハンバーグが美味しかった。それから自分で作ったカレーとラッサムもおいしくて良かった。
 ④ご飯が食べられなくなって入院した母から電話があって、順調に食べられるようになってきているとのことでほっとした。回復してきていることが嬉しかった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP