映画「教誨師」の高宮から考えさせられたこと

 見ました。大杉漣主演の映画「教誨師」。本当に面白い(って言っちゃ何だけど)映画だった。今までわたしは映画に頑張って挑戦してきたのだけれど、そのたびにあまり面白いとは思えなくて途中で飽きているという始末だった。でも、この映画は違った。ぶっ続けで約2時間、集中力が途切れることもなく、ラストまで見ることができたからだ。わたしにとってここまでのめり込むことができる映画というのは本当に久しぶりで、実に充実した時を持てたように思う。
 さて、わたしがこの映画の中で一番印象に残って、一番衝撃を受けたのが、青年高宮だった。何か彼があの死刑囚たちの中で一番ヤバかったように思えたのだ。一言で言うなら思想に殉じた青年だろう。彼は間違っている。彼の思想はおかしくて狂っていて問題があって危険思想に絡め取られている。
 けれど、わたしに高宮を非難する資格はあるとしても、批判する資格があるかどうかと言えば怪しくなってくるのである。
 高宮はたしかこんなことを言っていたと思う。「豚や牛や鶏は殺して食べるのに、なぜイルカは殺さないのか?」というような問いである。それに対して、大杉演じる牧師は「イルカは知能が高いから」というように答えた。そうしたら高宮はそれを待ってましたと言わんばかりに、その考えは自分の考えと同じだと言う。つまり、知能の低い人間は殺してもいい。しかし、知能の高い人間は殺してはならないということなのだ。
 高宮とわたしたちの決定的な違い。それはわたしたちが人間と他の生き物との間に線を引くのに対して、高宮は人間の中に知能の高低によってそこに線を引くのである。殺していい、と殺してはならないの境界線を引くのだ。
 わたしたちは簡単に何の躊躇もなく「人」という言葉を使う。けれど、この「人」、つまり人間とは一体何なのか。その始まりと終わりは法律的にはたしかに決められている。
 わたしは一時期、妊娠中絶のことについて学んでいた。そして、衝撃的なことを知る。妊娠21週だったか22週だったか、正確なところは覚えていないのだけれど、「人」かどうかはその期間を過ぎているかどうかということによって決まるのだ。つまりその決められた日を一日でも過ぎてしまえば中絶はできなくなるのである。つまり、それ以後であれば立派な人になるのだから、中絶することは殺人になるのだ。だから、その決められた日の一日前であればそれは人ではないのだから、中絶して殺しても何も問題はないのだ。それを知った時、何かとてもこわいことを知ってしまったような気がした。
 線を引くこと。これは生きていくためには必要なことだ。線を引かなければ生きていくことはできない。わたしたちは日々、他の生き物の命をいただいている。動物しかり、植物しかり。言うならば、わたしたちは殺さなければ生きて行けないのだ。だから、殺していいものといけないものを区別しなければならない。いや、区別しなければ生きていくことができないのである。何かを食べて摂取するためには、それを殺してもいいものだと考える必要がある。
 わたしたちはその生き物を殺してもいいものかどうか考える時に、基準を持ち出して判定する。人間か、否か。知能が高いか、低いか。いろいろな基準が人それぞれあることだろうと思う。その中で高宮は知能の高低を絶対的な基準として持ち出したのだ。人間か、否か、ではなく、知能が高いか、それとも低いか、と。
 基準はいろいろ人それぞれある。けれど、どれも恣意的だ。人間中心の人間至上主義においては、人間か否かというのが最も重要になってくるだろう。それと同じように、知能の高さに価値を置く社会では知能至上主義になることは間違いない。もしも恣意的でない基準があるとしたら宗教的な話になってくるが全知全能の神による基準くらいなものだろう。
 映画の中では言及されなかったが、神様がイスラエルに授けられた十戒では「汝殺すなかれ」がある。そして、神様が授けてくださった律法では、人を殺した者は殺されなければならないとある。神様が授けた掟では何も高宮が言うような知能の高低などは規定に含まれていない。神様は人間を愛されているお方だ。
 わたしがもし高宮と対峙したらと考えてみると、とてもこわくて大杉演じる牧師が逃げたいと思ったように、わたしもそう思ってしまうかもしれない。でも、対話をしてみたらと少しばかり無理をして仮想対話をしてみる。とするなら、高宮が「なぜ牛や豚は殺すのにイルカは殺さないのか」と問う時、何と答えたらいいものなのだろうか。高宮の問いをさらに突き詰めるなら、おそらくこうなる。「なぜ牛や豚を殺すように、知能の低い人間を殺さないのか」。核心はここである。わたしはおそらくこう答える。「神様が牛や豚は殺してもいいけれど、人間は殺してはならないとわたしたちに命じられたからだ。」何か劇中の牧師よりも牧師らしいこと言えてません? などと自惚れながらもわたしは高宮にこう答えるしかない。頭のいい高宮はおそらくこう切り返してくる。「神が命じたことになぜ従わなければならないの? そんなに神様って偉いの? お前はボタンを押されて商品を出す自販機と一緒だよ。何でもかんでも神様の言うとおりでそんなんで生きてて楽しいの?」わたしは答える。「それがキリスト者なんです。わたしは神の奴隷です。」高宮がさらにこう返してくる。「じゃあ、神様が人を殺せって言ったら殺すの?」さらにわたしはこう答える。「殺すかもしれません。いや、殺すことでしょう。それが御心ならば従わねばならないからです。でも、神様はそんなことは決してお命じにはなりません。むしろ神様は互いに愛し合いなさい、とおっしゃるような方です。でも、例外はありました。それはアブラハムが待望の独り子のイサクを焼き尽くす捧げ物として捧げよと神から命じられた出来事です。でも、アブラハムが刃物でイサクを殺そうとした時、神様はその直前に止めてくださったのです。」「じゃあ、神様が殺せって言ったら殺すわけだ。」「でも、そんなことはよほどの理由がない限り神様はお命じにはなられません。」
 高宮の論理で行くと、

 知能が低い→知能が高い者が世話をしなければならない→それは金と時間と労力のムダ→ムダなものはなくした方がいい→知能が低い者は殺した方がいい

 となることだろう。わたしが思うのは高宮の考えの視野が狭いということだ。高宮は知能至上主義者で、知能が高いことが価値があることだと思っている。わたしも知能の高さについての価値を認めている人間なのだが、基準がそれだけになってしまう時、窒息するような世界が展開される。
 わたしが小中学校同じだったT君という人物がいる。この人は勉強がとにかく出来ない。運動も出来ない。ルックスもいい方ではない。それでいつも鼻をたらしている。つまり、彼は世間一般の基準から言うと、ことごとく出来ない駄目な人だったのだ。でも、T君。誰よりも優しかった。本当に心が美しい優しい思いやりのある人だったのだ。
 どんなに駄目なように見えるどうしようもない人であっても、一片の魅力は必ず誰しも持っているものなのだ。何も魅力のない人なんているのだろうか。わたしはいないと思う。みんな何かしらいい所があり、長所があり、魅力がある。それが微々たるものでしかないとしても、ほんの少しであってもわずかであってもあるとわたしは思うのだ。
 それを高宮は「知能が低いから不要」の一言で一蹴しようとする。そんなもんじゃないだろ。そんなに人間、単純なものじゃないだろ。そう言うと高宮はおそらくこう反論してくる。「だって金がかかるじゃん。」劇中ではふれられなかったけれども、高宮は金銭的に困った経験があったのではないだろうか。だから、「金がかかる」とか言うのだと思う。これはまさに弱い者がさらに弱い者を叩く構図ではないか。つまり、わたしが思うにこの社会のシステムに問題があるのだ。弱者がより弱い者を金がかかるからと殺す。まだしも弱い者が強い者を叩くなら何も問題はない。不正を働いて富を得ている者を叩くのは当然のことだ。けれど、最低限の保障しか受けていないような最底辺の弱者を似たような境遇の者が叩くというのは悲しい話ではないかとわたしは思う。
 高宮は知能の高低で人間の価値を判断する。もちろん高宮も知能のどの程度のところかには線を引いている。そして、自分はその線を軽く余裕で超えたところにいて、超えることのできない者たちを殺す権利があると思っている。だが、その線がもっと上がってきたらどうなるのだろうか。そうならない保証はどこにもない。何か知能テストのようなものをやって、何点以下は死刑ということなら、その基準の点数が上がれば上がるほど生き延びることは難しくなってくる。それはまさに死のテストである。そのテストで何点を取るかによって生きていられるかどうかが決まってしまうのだから、これほど恐ろしい試験はないだろう。それでこのテストに合格することがかなり難しい場合、あの頭のいい高宮も落ちてしまうかもしれないのだ。そうなったら高宮はどうするのだろうか。つまり、死刑なのである。自分は知能が低くない。知能が低いあいつらとは違うんだ、と思えていて実際それが証明できているうちはいい。けれども、何かのはずみでその基準が上がったりして自分がそれに達することが出来なかったら……。そういった想像力が高宮には欠けていたように思うのだ。自分がもし排除されて殺される側になったとしたら。それでもわたしは構わない、と言う人にはわたしは何もかける言葉がないのだが。
 ネタバレになるが最後、高宮の死刑が執行されたのだった。高宮が恐怖にふるえながら大杉演じる牧師に抱きついたのがとても痛々しく今でも脳裏に焼き付いている。
 そしてわたしはとてもシンプルな結論にたどり着いた。自分がされて嫌なことは他の人にもしてはいけないな、と。むしろ自分がされて嬉しいことを他の人にもしよう、と思ったのだった。基本的にみんな死にたくない。殺されたくなくて生きていたいと思っている。だから、みんなで生きていこう。神様の御心に従って生きていこう。
 高宮は愛された経験がなかったのではないかと思う。幸福を感じたことがなかったんじゃないかと劇中の台詞を聞く限りわたしは思う。イエスさまが「互いに愛し合いなさい。これがわたしの命令である。」といったことをおっしゃられていた。つまりはそういうことなんじゃないか。愛し合うのだ。もちろん、愛し合うことができなかったり難しい人間関係もあることだろう。でも、イエスさまのこの言葉が放つオーラに従って、その方向性で歩んでいく時、高宮のような悲惨な結末になることは避けられるんじゃないか。
 最後の最後で大杉演じる牧師は高宮の友になれたんじゃないかと思う。最後の最後で友になれたのだ。そして、何よりもイエスさまはわたしたちの友だ。世界のすべての人が見捨ててもイエスさまだけは決して見捨てられない。いつまでもいつまでも永遠に友でいてくださる。高宮にイエスさまの声が届いていたらと悔やまれてならないのだ。本当、そう思う。イエスさまの愛にふれる時、人は変えられる。高宮が教会へもしも行っていたら、「こいつら頭おかしいんじゃないか。平和ボケもいい加減にしてくれよ。」と辛辣なことを言っていたかもしれない。でも、高宮にとって一番必要だったのは、イエスさまを中心にして集っている教会の人々ではなかっただろうか。だから、高宮に一番必要だったのは愛なのだ。孤独感や絶望感を癒してくれる愛だったのだ。高宮は孤独だった。そして人生に見切りをつけていた。何よりも愛に飢えていたのだ。
 高宮は死刑台に上り帰らぬ人となった。でも、神様を信じなかった高宮だけれども、イエスさまは彼にずっとついてくださっている。だから、わたしは安心していられる。イエスさまは決して高宮を悪いようにはなさらない。じゃあ、高宮に殺された人間の怨恨はどうなるんだ、と言われるかもしれない。これは楽観論かもしれない。綺麗事かもしれない。不適切で甘い考えなのかもしれない。ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』でイワンがわたしが言うようなことに対して攻撃したのだが、それでもわたしはすべての人が救われるのではないかと思う。そして、みんな天国で笑い合っていると思う。もちろんわたしは神様ではないから、神様が実際にどうなさるのか知らないし分からない。でも、神様だったらそうしてくださるような気がしてならないのだ。聖書的には誤りかもしれないけれど、わたしの希望としてはそう願っている。
 映画「教誨師」の高宮の言葉からいろいろなことを考えさせられた実り多き時間だった。神に感謝します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です