煮干しが刺さりまして

『新版インドの生命科学アーユルヴェーダ』という結構専門的でありながら、かつ実用的なこの本をちょくちょく開いては生活の指針にしているわたしである。それによると、牛乳などの乳製品や小麦製品がアーマ(未消化物)となりやすくて良くないらしい。アーマというものは消化されていないドロドロしたもので、これが万病のもとになるとアーユルヴェーダでは考えられているんだ。だから、アーマがあまり生じないような生活を送ること。それがアーユルヴェーダ的な鉄則でもある。
 というわけで小麦はともかくとして、乳製品を控えるように、となるとカルシウムはどうするだ? んだ、んだ、どうするだ? とない知恵をしぼって牛乳などの代わりになりそうなものを考えたわたしなのであった。で、思いついた候補が二つ。ひじきと煮干し。この2つがカルシウムをたくさん摂れると目星をつけて、さぁ、どっちにしようと(いや、両方でもいいんじゃないですかい?)考えたんだけど、そうだなぁ~。うーん。煮干し、煮干しにしようと決めたのだった。
 そうと決まれば善は急げで、スーパーへ買い物に行く用事があったので、煮干しを早速その他もろもろのものと一緒に買ったのだった。
 煮干しって100gでカルシウムが2200mgもあるんですね。はじめて知りましたよ。じゃあ、100g食べましょう。そうすればカルシウムはバッチリでしょう。ってそれはとりすぎ~~。成人の場合、食品成分表を見て知ったんだけど、本当にカルシウムをめいいっぱい摂ったとしても、2500mgまでにしましょう、と決められているのだ。あと、それからマグネシウムとカルシウムを何対いくつでとるとか理想はしっかりとあるらしい。でも、煮干し100gって無理でしょ。実際にお皿に100g出してもらうと分かるけれど、100gってかなりあるよ。かなりの量。こんなに食べるの無理だって。
 というわけで、あんまり極端なことをやっても健康被害とか出てきそうだから、中庸というか、ほどほどにやろうとわたしは思ったのだ。そうだな、ぼちぼち30gくらいにしとこうか。それだったら、極端じゃないからまぁ大丈夫だろ(何かテキトーっすね)。適当に見えるかもしれないけれど、わたしの年齢があてはまる男性のカルシウム推奨量って600mgくらいなんだ。だから、煮干し30gでカルシウム660mg。ってバッチリじゃないですか? わたしを含めてみんな1日の食事が煮干しだけ、なんてことはないから、その他のものも食べてまぁいってカルシウムが700mgとか800mgくらい? つまり、ぼちぼちですな、というわけだ。
 さぁ~、とスーパーから帰ってきてあとは煮干しを30g食べるだけ、というところまでこぎつけた。
 計量。30g。うっ。なかなかの量ですな。とてもじゃないけど100gなんて無理だよ。100gってだいたい今日買ってきた煮干し1袋。100gじゃなくてよかった~。30gも多いけれど、頑張れば何とかなるレベルだ。
 食べ始める。何だ、もっと苦いかと思ってたけど案外うまいぞ。おいしいじゃん。という感じで、あとはひたすら、かみかみ、かみかみ。もぐもぐ、もぐもぐ。こんなに噛んだのは本当久しぶり。いつもいかに噛んでいなかったことか、と思い知らされるな。
 そんな感じで10分くらいが経過しただろうか。煮干しを食べるのにもだいぶ慣れてきて(まだ10分しか経っていないけれど)、だんだん飽きてきた。何というか、少しぼーっとしながら食べるようになり始めたんだ。噛んでいる。煮干しを噛んでいる。けれど、気持ちはどこか別のところへふわーっとしていて、ただ機械作業か何かのように煮干しを口に入れては噛むことを続けている。そんな感じで心ここにあらず、みたいな感じで煮干しをひたすらぼけーっとしながら噛んでいた。
「てっ!!!」
 と激しい痛み。我に返って状況を判断すると、どうやら煮干しが口の入り口付近に刺さったらしい。煮干しの逆襲!? かたくちいわしさんが命をわたしに捧げてくれているのに、それを流れ作業か何かのように感謝もせず食べていたことにきっとバチが当たったんだ。そんなことをわたしはこの時思った。
 それにしても痛い。鏡で痛いところを見てみると、やはり切れている。刺さったというよりは、えぐられているような切れているような、そんな感じだ。そんなに血は出ていなかったけれど、それでも少し血が出ている。

 今回の教訓:煮干しは1匹、1匹ていねいに味わいながらしっかりとそのことに集中して食べるようにしましょう。他のことを考えたり、上の空であってはいけません。

 カルシウムをとろうと始めた煮干し1日目にして出血というアクシンデントに見舞われたわれらが星どん。これからは煮干しに限らず、何かを食べる時にはそのことに集中して感謝しながら食べるようにいたします。少なくともかたくちいわしさんが、そしてわたしが何かを食べるということは多くの生き物の尊い命をいただくのだから、やっぱりしっかりと感謝して食べなければならないのだ。そのことを今回の出来事を通して思い知らされた。煮干しが口の中に刺さったのは、きっと神様からの諭しだったのだろう。感謝して食べます。これからは感謝していただきます。
 煮干しの出来事に戒められた星さんなのでした。食べ物はていねいに感謝して食べるべし。以上。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
いつもわたしのブログを読んで下さりありがとうございます。
日本ブログ村のランキングに参加しています。
もし記事を読んで面白かったとか良かったとか少しでも思っていただけましたら、ポチっと投票よろしくお願いします。投票していただけますと励みになります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP