キャベツから教わった本当の人間の価値

 答えはすぐ近くにあった。何も悩むことはなかった。すぐそこにあったのだ。
 今までのわたしは人間の価値をその人のやったことや成し遂げたことの大きさだと思っていた。だから、何かすごいことをやらなければならない。偉業を成し遂げなければならない。そう思っていた。
 そんな凝り固まったわたしの考えを覆してくれたのがまたもやキャベツである。我が家の小さな庭のプランターに植えてあるキャベツが教えてくれたのだ。
 キャベツの圧倒的な存在感がわたしに何かを伝えようとしている。キャベツの前にたたずむこと10分くらいだっただろうか。急に泣けてきたのだ。キャベツの緑色の生命力がわたしに迫ってくるのだ。そこに存在している。それを見ていたら、わたしにはもう何も言うことがなくなった。
 ただ、キャベツがキャベツとしてそこにあること。それだけで十分じゃないかっていう気がしてきた。
 人間という生き物はとかく何かに序列をつけたがる。1番、2番、3番という具合に。でも、キャベツにはランクとかそんなものはない。ただあるのは、そこにキャベツがあるということだけ。
 キャベツはキャベツとして精一杯生きている。もしもキャベツに価値があるのだとしたら、ありのままに生きていることにあるのではないか。と言っても、キャベツは価値とか何だとか小賢しいことを考えないけれど。
 わたしは、と言うと、いつも誰かと自分を比べている。そして順位をつけて自分が下の方にいることを嘆く。上の人をうらやましいと思って嫉妬する。
 キャベツは比べないんだ。自分が上だとか下だとか言って比べたりはしないんだ。そのあり方にわたしは言葉を失う。ただただ驚くんだ。
 生きていること。それだけで価値があるんじゃないか。価値などという、手垢にまみれた言葉じゃなくて、何て言ったらいいんだろう。いるだけでもうこの上ない。存在そのものがどこまでも尊いんだ。
 だから、人間の価値はその人がやったことや成し遂げたことでは変動しない。ついわたしは資本主義に染まってしまっているのか、お金をたくさん稼げた人が偉い人だと思ってしまうふしがある。でも、それは違う。何をやったか、ではその人の価値は変わらない。何もやらなくても、できなかったとしてもその人の価値は下がらない。誕生から死まで水平の直線のまま変わらない。反対に、何か大きな偉業を成し遂げたり、多くの人から聖人と崇められたとしても、その人の価値は1ミリも上がらない。水平のまま一定であり続ける。
 こういうことを言うと、何か大きなことをやろうとか善人になろうという気持ちが萎えてしまうかもしれない。だったらこう考えればいい。わたしの価値は生まれた瞬間から最期の時までマックスなんだ。最大値なんだ、と。だから、人間にはそれを自分で上げ下げする力はない。その力があるのは神様だけだとわたしは思う。それをやっていいのは神様だけ。人間に「お前は価値がない」とか「あなたは何て価値があるんだ」と言う資格はそもそもない。
 神様は無言のキャベツを通して、わたしに大切なことを教えてくれた。あの青々としたキャベツの葉っぱをみると、生きているって何物にも代え難いって思うよ。生きている。そのことだけで、もうこの上ない価値があるんだ。お金になるかどうか。それは商業的な価値であって、本当の意味での人間の価値とは違う。混同しないようにしたい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP