安全な人になりたい

 何かと容赦なく批判をしてくる人。ズケズケと所構わずプライベートな領域にまで土足で踏み込んでくる人。矢継ぎ早に質問してくる人。こちらがまだ話し終えていないのに、自分の話を急いで始める人。だからお前はダメなんだと叱責してくる人。自分のアドバイスをひたすら繰り出して、こちらがそれに戸惑っているのに全然そんなことを気にもとめない人。
 わたしはこうした人に心を開いて胸の奥を語りたいとは思えない。もちろん、一分一秒を争う緊迫した現場ならいざ知らず、日々の生活においてこうした人と関わらずに済むものなら関わらずに済ませたいものだと思う。
 わたしが最近思うに、人間には安全な人とそうではない人の二種類がいるかと思う。安全な人は冒頭で挙げた人とは対照的な人で、一緒にいてほっとする。心が休まる。まるで温泉のような温かい人。
 今のわたしが安全な人かと問われれば、少しは安全な感じになってきたかとは思う。でも、まだ駆け出しで時折危険な一面が顔を覗かせる。分かっている。分かってはいるんだ。人間はそんなすぐには変わらないし、変われない。これでもわたしは努力しているのだ。だから、少しずつでも変わっていきたい。そして、温泉のような、温かい飲み物のような人になるんだ。
 そんなまだまだ安全とは言い難いわたしが少しでも安全な人に近づいていくためにと参考になった本の一節を紹介したいと思う。

 疲れない話の聞き方
 ①「同感」ではなく「共感」を意識して聞く。
 ②相手がどう感じているのか、その「気持ち」だけに集中して聞く。
 ③あいづちやうなずきも大切だけど、そこにとらわれすぎない。
 ④アドバイスはしなくていい。
 ⑤思ったことは、自分を主語にして「ぼくは○○だと思う」と伝える。
(『『聞き上手さん』のしんどいがなくなる本』p84)

 この本では人の話を聞いて疲れてしまう人がどうしたら疲れないで聞けるようになるかという方法を教えてくれている。そして、疲れないで相手の話を聞けるようになることが結果的に安全な人に近づいていくことにつながっていくのではないかと本を読みながら思ったのだ。
 ①の同感ではなく共感を意識して相手の話を聞く、はそうすることによって自分と相手の境界線をはっきりさせて、「あなたはそう思うのですね」と線を引くことによって、相手の感情にのまれずに済む。すると、相手に今まで以上に寄り添うことができるようになるのだ。それもそのはずで、同感してしまうと自分の感情で頭がいっぱいになってしまい、相手の話に集中することができない。そうではなくて、相手を客観的に冷静にいわば「人ごと」としてまるでスクリーンに映し出されたドラマを見るような感じで見る。これが大切だということなのだ。共感を意識して聞くことにより、より丁寧に話を聞くことができるから、話し手に聞き手のこちらをより安全な人だと思ってもらえるようになる。聞き手の感情を差し挟んでしまうこともなくなるため、話し手に満足感を持ってもらうことができる。
 さらに④のアドバイスはしなくていい、にはわたしは衝撃を受けたが本を読み進めたら納得できた。本の中には、話の聞き手が承認欲求を満たしたくなるがためについ要らぬアドバイスをしてしまうといったことが書かれていて、極めつけはそれが自己満足でしかないという指摘だった。自分の賢さ、有能さを相手に認めさせたいから、示したいからアドバイスをしてしまうのだと書いてあった。「あなたはどう思う?」とか「あなたはどうしたいの?」とどうしたらいいのかと相手から聞かれた時に逆にこちらが聞き返しても、それでもどうしてもアドバイスがほしいともなれば控え目にアドバイスせざるを得ないかもしれないけれど、基本、答えはその人にあるらしいのだ。それは相手を信頼することであり、相手の力を認めることでもある。
 では、話し手が求めていることとは何だろうか。それは「話を遮らずに最後まで聞いてもらうこと」(同書p101)だそうだ。たしかに、これは核心をついていて、最後まで遮られることなく話を聞いてくれる人こそ安全な人なのだ。最後まで聞かずに、ぶしつけな質問を差し挟んだり、自分の話をし始めたり、批判したり、どこかへ行ってしまう。それはやっぱり安全とは言えないよな。安全な人とは話が一区切りするまで、相手が満足するまで話を聞く人なんだろう。聞ける人なんだろう。
 だんだん見えてきたぞ。安全な人がどういう人で、どういう風にしたらそうなれるかっていうことが。教会にもみんなから信頼されていて人望があつい人がいるんだけれど、その人は相手の話を最後まできちんと落ち着いて聞いていた。それも批判や自分の意見など差し挟まないで、穏やかに聞いてくれていた。その人もたまにはアドバイスをすることもあるけれど、ほとんどアドバイスのようなものはしないで、こちら側を信じて待っていてくれる。その穏やかさ、人柄から多くの人から慕われている。わたしがその人のようになりたいなら、その人をよく観察して真似をすればいい。そうすれば、一挙手一投足から教えられることはきっとたくさんある。
 話を落ち着いて聞ける人。今この時代を眺めると、話を聞いてもらいたい人はたくさんいるけれど、話を聞ける人は少ないんじゃないか。みんな自分のことでいっぱいいっぱいで、とにかく自分の話を誰かに聞いてほしくて仕方がない。そんな世の中だからこそ、わたしは安全な人になりたいんだ。そして、関わる人をほっこりと温かい気持ちにできたらと思う。まだまだ修行中で自分のことでいっぱいいっぱいな時も多いけれど、それでも方向性としてはいいんじゃないかと思う。「最近どうですか? 疲れてないですか?」とホットミルクでも差し出すかのようなそんな人に近付いていけたらいいな。
 安全な人は相手のガチガチの武装をほどかせる。別の言い方をするなら平和の人とも言える。安全なほっとする空気を持った人になりたい。そうして、世界は少しずつ、1ミリずつ、確実に平和になっていく。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
↑ポチっと投票よろしくお願いします。

ヨガ一ヶ月

 人間は何かを一ヶ月続ける頃にはそれが習慣となっている。そんなことをたしか脳科学の本か何かで読んだような気がする。だから、何かを続けたいと思ったら、最初の一ヶ月踏ん張るのだ。それを達成できるかどうか。それにかかっている。
 そんなわけでわたしもヨガを始めて今日でちょうど一ヶ月。このひと月の間にヨガをお休みした日が2日か、3日くらいはあったかと思うけれど、それ以外は来る日も来る日も地道にコツコツとヨガをやり続けてきた。
 でも、この一ヶ月を振り返ってみて、そんなに大変だとは感じなかった。なぜかと言うと、ヨガをやるとすこぶる調子が良くなるからだ。アーユルヴェーダもわたしの調子を底上げしてくれたけれど、それと同じかそれ以上にヨガはわたしの調子を整えていい方向へと持って行ってくれた。
 どう調子が良くなるかというと、何か体と心が浄化されるような感じで、ヨガをやるととてもスッキリ爽やかな気分になるのだ。わたしは精神疾患がある人間だからしょっちゅう気持ちがちょっとしたことで沈んだり、イラついたり、気分が悪くなる。でも、ヨガをやるとその下がった気持ち、乱れた気持ちがスーっと不思議なくらいに水平になるのだ。おそらくヨガが体を動かしながらも、呼吸を重視して絶えず新鮮な空気を体に取り入れるからだろうと思う。浅く短くなった調子があまり良くない時の呼吸が、ヨガで意識的に呼吸を深く長くすることによって修正されていく。
 ヨガ3日目のときにもたしか書いたと思うけれど、わたしは呼吸というものをナメていた。たかが呼吸だろ、程度の認識でいたのである。けれど、ヨガをやるようになってから、精神状態と呼吸というのは密接につながって連動していることに気付いた。深く長い呼吸をしながら怒ったり、悲しんだりするなんてことは人間にはできない(例外的にできる人もいるかもしれないけれど、そういう人は例外だ)。呼吸とは人間に不可欠な行為だ。今までのわたしは呼吸に意識をまったく向けてさえいなかった。でも、呼吸に少しだけでも意識を向けて注意してみると、大抵不調な時には呼吸がしっかりできていないことが多い。深く長くはなっていないことが多いのだ。息をする。呼吸する。この当たり前のことの大切さに気付けたことはヨガをはじめて得た大きな収穫だ。
 ヨガをやったことがない人にはここまでの話はおそらくピンとはこないだろう。そんな人のためにヨガについて簡単に語りたいと思う。ヨガをする、とかヨガをやるって言うけれど、どんなことをするかと言うと、一言で言うと少々雑かもしれないけれどこんな感じだ。

 絶えず呼吸しながら体を動かしてポーズをとっていく。

 少しざっくりしすぎたかも、と懸念が少し感じられるものの具体的にヨガってどんなことするの?、って聞かれたらこんな感じになるかと思う。深い鼻呼吸をしながら体を動かしていろいろなポーズをとっていく。やっていることはとてもシンプルでこれ以上簡単に説明することはできないんじゃないかな。そして、ヨガは動きと呼吸を連動させていく。息を吸いながら手を上げて、吐きながら手を下ろすみたいな感じ。動かすスピードはとてもゆっくりで、じっくりじわじわ動かすみたいな感じ。絶えず呼吸しているから、体内の細胞が活性化していくような感じもする。いっぱい新鮮な空気を吸いながら、ゆっくりと体を動かして、体内に酸素を取り込んでいく。
 まだヨガを始めてから一ヶ月だけれど、いくつかわたしに変化が起こった。

 ①体にほどよい筋肉がついてきた。
 ②体がしなやかになってきた。
 ③体が美しくなり均整もとれてきた。
 ④姿勢が良くなってきた。
 ⑤毎日の生活動作が楽にできるようになってきた。
 ⑥メンタルが落ち着いて安定してきた。
 ⑦明るくなってきたらしい(母談)。
 ⑧自分の体と心の変化に敏感になってきた。センサーがよくはたらくようになってきた。不調に気付くのが早くなってきた。
 ⑨気持ちに余裕が生まれてきた。
 ⑩疲れにくくなってきた。
 ⑪無理をすることが減ってきた。

 何と11個ものいい変化が!! インドで培われてきた数千年の伝統の結晶であるヨガの底力をわたしはひしひしと感じる。ある。何かヨガにはある。秘められた何かが。人間の生命力を賦活させる何か目に見えない力が。ヨガの一つひとつのポーズに数え切れないほど無数のインド人たちの経験が凝縮されている。経験も長い歴史によってここまで積み上げられるとすさまじい力を発揮する。考えてみれば、昨日今日できたものじゃないんだ、ヨガは。長年多くの人たちが試行錯誤しながら、「このポーズがいいよ」「やっぱりこっちの方がいい」「いや、これが一番」とひたすら磨き上げてきたものがヨガなんだと思う。だから、そのまるではちみつのように栄養が凝縮されているヨガにはすさまじい力があるのだろう。
 それにしても「三日月のポーズ」と「三角のポーズ」、本当にきつー、と思いながらもヨガを続けているわたしなのである。ヨガを始めたこと。これは大きな前進であると思う。わたしの体調も上向きになりつつある。この調子で2ヶ月、3ヶ月と続けていきたい。そして、最終的にはヨガの人、とまでいかなくても、しなやかで明朗快活な人になれたらいいなと思っている。いや、もっと行って、幸福な人になりたい。心も体もしなやかに、わたしらしくわたしの人生を生きることができている。そんな人になれたらいいな。
 それにしても三日月と三角はくせ者ですな。きつー。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
↑ポチっと投票よろしくお願いします。

PAGE TOP