人の評価がほしいのは自信がないから

 Twitterがあれほど自分には合わないと言いながらも、それからちょくちょくやっていたわたしである。
 ある時、わたしはこんな内容のツイートをした。「パッとしないブログに、パッとしないTwitter……」などと自身の置かれた状況を少し悲観しているかのようなツイートをしたのだ。何も期待していなかった。いわば、一種のグチ吐きとかウサ晴らしと言ってもいい。こんな一方的なツイートに返信が来るだなんて想像すらしていなかった。が、来たのだ。
「パッとするってどういうことですか?」みたいな意味深なリプが来た。たしかに、わたし自身、パッとするとかしないとか言っているけれど、その意味しているところをあまりよく分かってはいなかった。わたしはこのある意味、哲学的というか鋭い返答からその人物に期待した。「何か有意義なものが得られるかもしれないぞ」。そして、わたしは答えた。「お金をたくさん得るとか、人気者になることです」と。そうしたら、彼は次のように返してくれた。Jさんとしておこうか。Jさんはこう切り返す。人気などを自分の中心にしていると安定しない。そういうものではなくて、自分の内側を満たした方がいいんじゃないか。自分はクリスチャンでヨギー(ヨガをやっている人)です。ヨガをして、お祈りして、一日を始めて一日を終えます。
 ふむふむ、わたしと共通点が多いぞ。男性でクリスチャンでヨガをやっている人って滅多にいないんじゃないかな。しかも若そうだ。
 と彼のリプを読んでいたら衝撃的なまさに核心をついた言葉にわたしは目を見開かされた。「人の評価がほしいのは自信がないからです」。ズドーン。わたしのハートのど真ん中をJさんは射抜いたのだ。わたしが、わたしが今、一番必要としていた言葉。それを彼はこともなげにさらっと言うのだ。このJさんのこの言葉、10回くらいは読んだだろうか。と、何だか魂の解放というか、オーバーに聞こえるかもしれないけれど決してオーバーでなくて、わたしの苦しみの氷が一気に氷解したのだ。
 わたしの苦しみ、葛藤の原因。それは自信がないから。自信がないから、小・中学校時代、勉強して成績を上げて人から評価されようとした。いつも真面目に親の期待に背くことはしないで「よい子」でやってきたし、あろうとした。それも人から評価されるため。社会的に成功して売れっこ作家になりたい。それも根本的なところは自分に自信がないから。みんなから「すごい」とか「えらい」とか言われることによって、自分の自信がないことを補おうとしていた。
 あやうく、あやうくだけど、このJさんの一言がなかったらわたしは一生、人からの評価を求めて、ほしがって、全面的に自分の中心にしてそれに依存していたことだろう。でも、気付いた。たしかに人から評価されることはわたしの気分を良くしてくれるけれど、それを中心にしてしまったのでは、いつもゆらゆらと安定することなく揺れ続けるんだな、と。評価が得られれば天にも上る思いで絶好調になり、少しでもけなされれば絶不調になって底をはう。自分の気分を人任せにしていて、気分を良くしたり悪くしたりするリモコンを自分以外の人たちに委ねてしまっている。
 Jさんはわたしに押しつけがましい調子ではなくて控え目にこんなことを書いてくれた。練習(おそらくヨガのことだろうと思う)をしていって少しずつ、少しずつ自分の内側を満たしていったらどうでしょうか、と。今のわたしに必要なこと。それも一番必要なこと。それは社会的な名声とか名誉を手に入れることではなくて、それらに依存しないで生きていけるように自分の内側を少しずつ満たしていっぱいにしていくこと。人の評価に翻弄され続けるのではなくて、どっしりと自分軸を持ってしっかりと立つこと。そのためのヨガなのである。
 ヨガをやる目的って何だと思います? 何のためにヨガってやるものなのか。ズバリ、一言で言うなら、自分の心をベストな状態にして安定させること。いたってシンプルだけど、難しいポーズができるようになるとか、体の柔軟性を極限まで高めるとか、そういうことではないんだ。すべては心の平安のため。心の平和を得るため。この一点に尽きる。(まぁ、この意見に同意できない人もいるかとは思うけど。)
 神様は本当にわたしに最良のものを与えてくださるんだなって今回のことを通して思った。これからJさんとどんなやり取りがあって、どんな関係が発展していくのかわたしには予想できないけれど、神様は出会うべき時に出会うべき人を与えてくださるんだなって思わずにはいられない。死ぬまで、一生涯、人の評価を得ることだけに翻弄されて流され続けていただろうわたしに、「いや、こうする方がいいんじゃないですか」とJさんを通してお導きを与えてくださった神様。恵みだな。本当、恵みだと心の底から思うよ。
 人の評価に一喜一憂されることから卒業できた先にはどんな世界が広がっているのだろうか。さぁ~、ぼちぼち今日も夕方からヨガをやろう。そして、神様にお祈りをしよう。人生の方向性を示してくださった神様、ならびにJさんにオーバーではなくて、感謝、感謝な星なのでした。Jさんとの出会いをきっかけに新しく目の前が開けていくといいなぁと願いつつ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
↑ポチっと投票よろしくお願いします。

礼拝の説教の感想「わたしが、わたしが」

 只今の時刻は午後1時かといったところ。今日は日曜日で教会へ行ってきた。礼拝なのだ。というわけで、礼拝での説教の個人的な感想をまとめてみたいと思う。
 今日の聖書の箇所はルカ12:13-21。なかなかイエスさまは厳しいことを言われているところで、身が引き締まる思いがする。
 牧師はこんなことを説教で語った。この箇所を原典で読むと、「わたしの」とか「わたしが」というのが逐一書かれている、と。この日本語訳の聖書ではそれを書くとくどいから省略されているのだ、と。わたしの倉、わたしの穀物、わたしの財産、といった調子でギリシア語では書かれているらしい。わたしはそれを聞いて、確認しようにもギリシア語はさっぱり分からないので確認しようがないものの、それが本当だとしたら、ここでイエスさまがたとえで語られている愚かな金持ちはひたすら「わたしが」「わたしの」と自分中心な単語を連呼していることになる。自分がどうか、どうするか、どうしていくか。自分しかその金持ちには見えていなくて、彼の視点はとにかく自分だ。
 そこからさらにイエスさまがわたしたちに教えてくださった主の祈りへと話は及んでいく。「わたしたちに必要な糧を今日与えてください。(マタイ6:11)」であって「わたしに必要な糧を……」ではないと牧師。「わたしたち」であって「わたし」ではないのだ。イエスさまが教えてくださったこの主の祈り。何にも考えずに祈ってきたけれど、イエスさまはみんなに糧が与えられることを祈り求めなさいと言われているのだ。自分が、自分だけが良ければそれでいい、などとはおっしゃられなかったのだ。だから、今日の箇所の愚かな金持ちはイエスさまの主の祈りの精神と真っ向から衝突するのだ。わたししか見えていないこの金持ちと、わたしも含めたみんなに視点を及ばせなさいと教えられたイエスさま。
 このイエスさまの視点。ついわたしは忘れてしまって、わたしが、わたしが、ってなってしまうんだけれど、それではダメだとイエスさまははっきりと言われているのだ。まさに富や資源や土地や食糧などを独り占めしようとする現代社会の申し子たちへの痛烈な批判である。自分さえよければ他人なんてどうだっていい。そんな自己中心的なあり方ではダメなのだ。それは隣人愛とも真っ向から対立するあり方だ。そうではなくて、みんながハッピーな世の中になるよう、視点を自分中心から解放してみんながどうかというところまで広げていく。だから、行動においても、祈りにおいても自分中心を卒業する。自己中心的なあり方から脱却していくのだ。多くの人がそうしていったらもっと世界はハッピーになるだろうな。
 でも、これはわたしの個人的な意見だけれども、人のことを考えるにはまずは自分を満たすことだと思う。自分がカラッカラで荒廃していて、余裕なんてひとかけらもない。そんな状態では誰かに愛を注ぐことなんてできない。だから、わたしはまずは自分を充実させて満たしたい。そして、できることを人々に奉仕していけたらと思っている。
 わたし自身、ヨガをやり元気になってきた。精神疾患からの影響を受けている時間もだいぶ減ってきて安定してきた。あともう少し。あともう少ししたら誰かのために本格的に何かできるかもしれない。今のところは人の話をおだやかにあたたかい心と態度で聞くとか、毎日を楽しく健やかに普通に暮らすとか、おいしい食事を作るとか、それくらいのことしかできていないけれど、一歩ずつ前進しているように思う。わたしにとっても、自分のためだけでなくて他の人のために生きる方向性がしっかりと立った時にこの長い青年期が終わりを迎えるのだろう。
 また、説教中に牧師がこんなことも言った。牧師は、この説教が信徒のある人にとって人生で最後の説教になるかもしれない、という緊張感を持って語っている、と。たしかにその通りで、特に高齢の方にとってはこれが最後の説教になるのかもしれない。でも、牧師はおそらく人間はいつ死ぬか分からないということも含めた上で言っているのだろう。「これが最後の説教かもしれないと思って聞いてほしい」と語ったのだ。わたしは明日も明後日もそれから先もおそらく死ぬことなく生きているだろう。でも、その保証はどこにもない。明日死ぬかもしれないからだ。だから、今日の夕食だって最後の晩餐になるかもしれず、今夜だって最後の夜になるかもしれない。それは分からないものの、そう考えるとこの一瞬がとてもかけがえのないものに思えてくる。
 以上、自分中心からの脱却についての話と、これが最後の説教だと思って聞いてほしい、との2つの話が今日の説教でわたしが一番印象に残ったことだ。これからまた一週間、世に送り出されたわけだが、この2つを心に留めながらさらにていねいに毎日を生活していきたい。神様、ありがとうございます。アーメン。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
↑ポチっと投票よろしくお願いします。

PAGE TOP