ぐだぐだ不調日記第8弾「パソコンで鬼に金棒」

父と子と聖霊のみ名によって。みんなが迷うとき……、とFEBCのS牧師の言葉がふと頭によぎる。が、その次の瞬間には動きの速い蚊が飛んできて、わたしのみずみずしいおっさんの血を拝借しようとする。さかんに応戦するわたし。バチン!! あっけなく蚊はつぶれてグシャグシャになってしまう。もしも、輪廻があって自分が蚊になって生まれ変わったらと思うと、こういう終わり方はしたくないものだなと思う。同じようにつぶされるのなら、若い女の子の血を少しばかり吸って、それからバチンとやられたいものだ、とおっさんに退治されてしまったあの蚊のことを思いながらふとノスタルジーにひたる。でも、つぶされるのは嫌だな。できることなら蚊を飼育しているという変わり者の美少女が、「ご飯だよ~」って笑いながら腕を差し出してくれたら最高なんだが。でも、その女の子の腕は毎日蚊に刺され続けているからボコボコで。ってそんな女の子、美少女でも嫌だな。星さん、この世の生を終えたら、蚊にはなりたくないものです。
とぐだぐだ不調日記第7弾の感動のフィナーレいかがでしたでしょうか? もうこれは盛り上がりましたね。最高でしたね。って何がじゃい。もっともであります。最高もくそもなくて、ただ蚊が云々と申しただけでフィナーレでも何でもない。でも、いいこと書けたと思うんだ。うーん、文体がぐちゃぐちゃだけども、ぐちゃぐちゃなのが星さん流。
では、第8弾参りましょう。ここからが真骨頂。そして見せ場。で、すぐ終わるのが星さん流なんて、過去にもそんな流れありましたな。つまり、流れ星の星なのです。ってくど。
では、今日を振り返ってみると、スクリーンタイム長いですね。はい、長いです。朝、iPad。11時頃、パソコン。そして、たしか午後3時頃ブログ更新(これはすぐやめたけど)。何と1日3回もパソコンやっとる~。いかん、いかん。1日15分にする。多くても30分にするっていう誓いの言葉はどうなったわけさ。実はわたしの右手には鬼が封印されていまして、この誓いの言葉(呪文?)を唱えると封印が解かれてしまうのです。ですから、パソコンなどのスクリーンタイムを30分以内にするというのは実質無理なのであります。しかして、その封印されています鬼があまりにもセクシーな美女でありまして、もっぱら封印を解かずにはいられないのであります。さらにはその美女鬼がわたしとの間に子作りをしたいとさかんに誘惑してくるのであります。小生といたしましては、これはたとえ相手が鬼であろうとも拒むわけにはいかず、気が付くと30分などという制限時間はとうの間に過ぎておりまして、必死でその美女鬼を右手に戻して封印するという難行をするのでありました。
美女鬼との戯れに忙しい(そんなわけないだろ!)星は結局パソコンなどをやり過ぎてしまう。いかん、いかんと思いながらもつい気が付くとやってしまっている。やはり右手に封印してある鬼は魅力的なので(だから、そんなわけないだろ!)やり過ぎてしまうんだよなぁ。
「そんなわけないだろ!」とまるで架空のお話をしているかのようだけれど、パソコンってわたしを誘惑する美女鬼のような存在だと思う。これがくせ者なんだ。だって、ドーパミンと関係しているんだからな。人間の行動はドーパミンが増えそうなことを期待してやるもんなんだ。パソコンとかタブレット端末とかのいわゆるスクリーン(画面)は見るとそれだけでドーパミンが出るらしくて、それに中に入っているソフトとかはやっぱりドーパミンが出るようにしっかり巧妙に設計されているらしいんだ。どうしたら1秒でも多くスクリーンタイムをしてもらえるか。そんな思惑で設計されているんだから、依存しやすいし、むしろそれらの開発者はそうなることを望んでいる。まぁ、そういうわけだから、パソコンは右手でやるものだし、鬼が封印されているというのも満更嘘ではないよね。
何かここまで書いてきて、急に疲れが出てきた。ま、第7弾の感動のフィナーレは想像通りしょぼかったけれど、フルキャスト総勢1名(星さん1名)でお送りできて本当に良かった(何が良かったんじゃい)。疲れが、出てきてさぁ大変。ドジョウが出てきてこんにちは。坊ちゃん一緒に遊びましょ。星さんころころ星ころこ~♪ お池にはまってさぁ大変。ドジョウが出てきてこんにちは。坊ちゃん一緒に遊びましょ。星さんころころ……♪ ではドジョウが出てきたところなので、終わりたいと思う。じ・つ・は、感動のフィナーレとは、第7弾の感動のフィナーレとはこのドジョウさんだったのです。ドジョウ、つまり土壌。要するに大地。うん、つながった。うまい具合につながったぞ。星さんと大地が出てきたところで、星大地と一件落着な按配なのだ。オールキャストの意味もはっきりしたでしょ? わからない? それは神秘の領域なのさ。って強引に持ってきてるだけじゃん。こじつけもいい加減にして。まったく、もう。
鬼に金棒?(あの美女鬼が金棒手に入れたらまさに鬼に金棒だな。)って星さん最後に下ネタ? 星の金棒は大事な人のために温存しておきます。うーん、ぐだぐだしておりますな。やっぱ、こうでなくっちゃ(結局下ネタで終わるわけね)。あ、ウルトラセブンに出てくるボーグ星人ってエロいよね。あれはヤバい。まさに金棒(結局下ネタ)。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP